ことぶき猫玉日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 想いは繋がり、辿り着く物語「ねがったりかなったり」。

<<   作成日時 : 2010/10/04 16:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

BL読みではある、ではあるが、実は非常に間口が狭い。
本当は狭い。
結構貪るようになんでも読むが、読み流すだけで捨ててきている。
元々、「上手い絵」が好きである。
中学生の時に本気で漫画家になりたい、と思っていた自分としては、
「流石だな〜」「上手いな〜」「綺麗だな〜」と感心したいからだ。
だから、多分、偶然知らなければ、もろづみすみともは手に取ってないかも、
と言う、私の好みのうちには入らない画風である。
入らない、のだが、やっぱBLは物語ありきなのである。
「ねがったりかなったり」で、ドカーンとハマってしまったわ(笑)

物語と同時に、作風と絵柄がリンクする=説得力なのだ、と気付いた。
話のテンポに合う絵柄があれば、好みでなくても無問題なのだ。
絵が綺麗なだけで全然萌えない作家もいるから、当然の事なのだ。

三十路前の男が、ぴっちぴちの20代成り立ての、
自分とはまったく違うキャラの持ち主である綾部に一目惚れなお話。
自分にないものを持っていると言うのは、
それが才能や地位や名誉と言った分かり易い肩書なしでも
強烈な引力を発するものだ。

二十歳は三十路前に比べ、圧倒的に経験値が低い。
大人の入り口にも達していないくらいなのだ。
経験値が低いという事は、経験値を持っている人間に対して、
貪欲に求めたいものでもある。
そうやって、かつての二十歳も経験を重ねて来たわけだし。

綾部の天真爛漫ぶり、可愛いだろう…こう言うやつ職場にいたら
籾山同様、いじり倒してるわ(笑)
反応がイチイチ可愛いのがムカツク(笑)
可愛いと思ってしまう自分にムカツク(笑)
で、必要以上に厳しくと言うかケチをつけて構ってしまう…
普通、ここまでやると、やられてる方は「もしかしたら」と
思わないだろうか、と思うが、思わない所が、綾部が心底
天真爛漫と言うか天然なんだろうな(笑)

携帯の取り違えから籾山の想いは発覚し、目の前で告白してても
最初は何を言われているのか理解できずボケかまし、
挙句の果てに、男を好きになって、告白直後で動揺している
籾山の姿を見て萌えてしまい、キスしてしまう綾部…
無自覚って本当に始末に負えず残酷だわ(笑)
「いっ 意味わかんねー…」
「オ… オレもわからん……」

って、あんたねぇ…(笑)
この下りを聴きたいが為にBLCDにも手を出す…
下野紘×岸尾だいすけですよ、聴きたいだろ、普通に(笑)
少年声で「受け」の多い下野くんが年下攻って、美味し過ぎる…

綾部は、初めは「興味」が圧倒的に勝っている。
籾山から見ればなんて無神経に自分に接触してくるんだ、
と腹を立ててしまうのだが、興味や好奇心は
湧きあがると止められないもんなのだ。
先輩の事が知りたいとデートしたり家に来たりする綾部を、
「よかった あいつが明るい人間でよかった 俺は救われた
 今日は楽しかった 普通に話をした それだけで十分だった」
と、籾山はたったこれだけの事で幸せになれるほど、
綾部の事が好きなのだ。

籾山の過去の男が自分が憧れているパティシエだったを分かり、
綾部は嫉妬と言う感情により、天真爛漫さだけではいられなくなる。
自分を好きな先輩は自分だけが好きなのだ、と盲信している。
これも若いからで、籾山はこの若さゆえに醜くなってしまう綾部に
醜さを自覚させまいと、好き同士なんだからと勘違いさせて
体を差し出すわけだ。
「お前が好きなのは俺じゃなくてさ お前を好きな俺のことだろ…?」
言うのを、だいぶ我慢していたんじゃなかろうか。
綾部を好きになって、彼の世界を揺さぶってしまった責任を感じて。

誰かを親密な関係を築く時は、自己完結していた自分の世界が
崩壊する事も意味している。
崩壊する怖さと歓喜と言う紙一重の綱渡りだ。
相手にもそれを求める勇気、自分にもそれを受け入れる勇気、
途轍もない勇気がいるのだ。
勇気のないまま始まってしまって、2人の関係はフェードアウトするしか
なくなってしまうのだ。

ヨネダコウ「どうしても触れたくない」を無性に読みたくさせる作品。
2人の関係の流れが似ている性もあり、多分、切れても切れないで
繋がっていると言う関係性が自分の欲するものだからだろう。
殆どの人間関係が、切れたらお終いである。
お終いにされたり、お終いにしたりする。
なのに数年後にふと思い出し、相手がまだ自分を思い出す事が
あればいいのに、と願ったりする。
願った時に、本当にまた線が繋がればいいのに、と思う。
この、現実では願っても繋がれない線が繋がる瞬間を、
BLは「物語のちから」で見せてくれるから、求めてしまうのかもしれない。
そう言う意味では、本当にファンタジーなのだ、BLは。

探して、探し当てた籾山の前に姿を現わせないままの綾部は、
一足飛びで大人になったのだ。
後日談と言うか、その後の2人の姿も見えて、とても完成度が高いというか、
中途半端さがなく、物凄いお気に入りの一作になった。
「方舟」「あかるい家族計画」も好きだ。
また、好きな作家が増えてしまった…
喜ばしい事なんだが、世界が広がる恐ろしさに震えが(笑)

ねがったりかなったり (MARBLE COMICS)
東京漫画社
もろづみ すみとも

ユーザレビュー:
悪くない・・んだけど ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ねがったりかなったり (MARBLE COMICS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



方舟 (CITRON COMICS)
リブレ出版
もろづみ すみとも

ユーザレビュー:
綺麗な人間関係表紙買 ...
切なさと愛しさを感じ ...
珠玉の短編集♪5本の ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 方舟 (CITRON COMICS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



あかるい家族計画 (MARBLE COMICS)
ソフトライン 東京漫画社
もろづみ すみとも

ユーザレビュー:
あとからじんわりと来 ...
「人を好きになるたび ...
大好きとにかく愛に溢 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by あかるい家族計画 (MARBLE COMICS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ねがったりかなったり
インターコミュニケーションズ
2009-12-25
イメージ・アルバム

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ねがったりかなったり の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26)
大洋図書
ヨネダ コウ

ユーザレビュー:
頑張れ男の子!現実男 ...
ドラマCDとレビュー ...
スッと心の深いところ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
想いは繋がり、辿り着く物語「ねがったりかなったり」。 ことぶき猫玉日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる