『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年11月20日 :re 149話の月山

amazarashiの『アノミー』『命にふさわしい』を聴きながら熟読。 月山があそこで叫べたのは本当に凄い事なんだよな。 月山は自覚ないかもしれんが、集団の中にいて、 自分の意見をあんなにしっかり言えるのって、勇気がいる。 月山には当たり前の事で、勇気なんてなくても やれてしまうんだろうけど。 財閥御曹司がゆえに命令を下す事にも慣れているし、 どこであっても自分の意思で発言するのにも慣れているし。 だけど、現実には、148話の最後で叫べた月山は素晴らしい。 マモの声で脳内再生する!! こいつ気に食わんわー、とか、許容範囲外で合わない、とか、 個人的に好きじゃないを覆す作家、それが石田スイさん。 このキャラにその科白言わせて 「いい人っぽく見せようとしている」 と言う矛盾や媚びが全く感じられない。 どう言う頭の構造してたら、ああいう風に表現できるのか… 唸るしかない。 月山が「彼に 幸せになって欲しいのは…」と言わしめる前の カネキくんの心の中を歌っている様に聴こえる『アノミー』。 これほどまでに「人」を想う彼の叫びに聞こえる。 喰種の中で、月山は恵まれている。 人間社会に貢献する企業の御曹司。 こそこそ隠れなくても、人間社会と共存していた。 恵まれている事を当たり前とし、恵まれない者を蔑む事もなく、 それでも恵まれている自覚はあるし、隠す事もない。 恵まれた境遇と、父親の観母に愛されて育ったことで、 彼は「変わり者」で「ナルシスト」で…

続きを読む