ことぶき猫玉日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 魂の双子と呼ばれたヴィンセントとテオの物語『にいさん』

<<   作成日時 : 2015/02/13 14:29   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ゴッホの事を知らない人は恐らくほぼいないだろう。
ひまわりの絵を描いた人、誰でもそう言う風に知っているだろう。
私は「黄色」が正直あまり好きな色ではない。
服も一着も持ってないし、色物の中から選ぶことはまずない、
どちらかと言うと「黄色」だから外す、と言う方だ。
なので、黄色を塗りたくったようなゴッホのひまわりの絵は
好きではなかった。

中学生まで、私は絵を描くのが好きで、美術の授業が一番好きで、
絵を描く才能があるから専門学校に進みなさい、
と言われているような子供だった。
うちの経済事情で専門学校には行けないことが解っていたので、
自ら諦めた。
そして、絵を描くことも止めてしまった。
絵を描いても何ものにもなれないだろう、と自分で思ってしまった。
それからは絵を描くよりはハードルが低い、義務教育を受けていれば
誰でも出来る文字を書く事、文章を書く事に熱中するようになった。
高校の進路相談の時に「プロの作家になりますから就職しません」と言って、
担任教師に見下げられた視線を向けられて、大人を心底憎んだ。
それから、私の中の精神状態は十代の反骨精神を
抱いたまま今に至っていると思う。

ゴッホは、私にとって森脇真末味の漫画の中で特別な
意味を持った画家だった。
『ブルームーン』と言う作品は、戸籍を持たない双子の男の子の話で、
兄と弟の物語でもある。それでも、自分の好きな漫画の中で
取り上げられた画家、と言う認識でしかなかった。

昨年の終わり辺りか、何故かヴィンセントとテオの物語が読みたい、
と言う気持ちが湧きおこり、黄色が苦手な私だが、
ゴッホの「夜のカフェテラス」の夜空、
画像

「星月夜」の、
画像

星が落っこちそうな絵を見た時に、私が何度か見ている
同じ夢の中の星空に凄く似ている、と思ったからか。
これくらいの興味で、黄色が嫌いな私がゴッホに
興味を持つことが出来るだろうか、勢いでなんか
食いついてないか、と言う気持ちもあって、何か読みたいが
分からないし、読破する気力が続くかも分からないな、
と思っていた時にこの本の存在を知った。
いせひでこ『にいさん』

「ぼくには、にいさんがいた。」

で始まる物語。
あなたには「わたしだけの」「ぼくだけの」と呼べる存在がいますか?
…そう問われている気がした。
弟のテオの献身、その献身を生んだ兄ヴィンセントと言う人間が
どれほど純粋で生に苦悩していたか、短い文章と絵の中から
静かに語りかけてくる。

純粋でありたいと思うと、社会からは孤立してしまう。
妥協が出来なければ社会不適合者とみなされる。
それは現在も同じ。
「生きにくい」と思っているすべての人に読んで貰いたい。
生きにくさは自分の魂に嘘をつかない勲章。

ゴッホはそれを貫くと言う、周囲にまき散らす攻撃性を以てではなく、
ただそうしていただけで、自分が消えていく方へ
行ってしまっただけなのだろう。
ゴッホにとって、唯一の自分の味方であった弟のテオが、
ゴッホの死後、後追う様に衰弱して亡くなったテオ。
二人は今、隣り合ったお墓の中で眠っている。

作者がゴッホと言う作家に対する想い、ヴィンセントとテオと言う
兄弟の生き方に対する想いが詰まった画集であり物語であり、
作者から二人への手紙の様な一冊。
だが、作者の意思をこれでもかと押し付ける感じは一切なく、
とても静かな物語。

泣けました。

ヴィンセントとテオ、愛しいあまりに憎むことも
あったであろう魂の兄弟の事をもっと知りたいと思った。
     ※敬称略

にいさん
偕成社
いせ ひでこ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by にいさん の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブルームーン (1)
ブッキング
森脇 真末味

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブルームーン (1) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブルームーン (2)
ブッキング
森脇 真末味

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブルームーン (2) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブルームーン 第3巻
復刊ドットコム
森脇 真末味

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブルームーン 第3巻 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
魂の双子と呼ばれたヴィンセントとテオの物語『にいさん』 ことぶき猫玉日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる