矢代がそこにいた…『囀る鳥は羽ばたかない』①

音声化が決まると、原作好きは当然ながら
キャストへの期待値を上げるわけで、
身勝手な予想などを立てて、それが
実現するとなんて素晴しいんだろう、
と言う夢想を抱いてしまう。
ヨネダコウ『囀る鳥は羽ばたかない』
原作が好きなだけにその思い込みは
激しくなるわけで…正直キャストが発表
された時の失望感が拭えなかったために
購入するか否か、予約するかどうかで
かなりぎりぎりまで迷って、思い通りの
キャストではなかったけれどあんげんの
声が聴けるしなぁ…と半ば自分を慰めて
購入した、と言うのが本音である。
2枚組で決して安くはないからねぇ…

聴いてみて、高い買い物をしたな、とか
瑣末な事を一切考えずに最後まで物凄く
集中して聴き終わった。
原作コミックスを読んでいるので、先の
読めなさとかそう言うわくわく感は皆無だと
言うのに…いや、話を知っているからこそ
雑念なくなった、と言う感じだった。

良い音声化作品と一言で言う時に
その中には良いと思える部分を判断する
様々な項目材料があると思うが、
特にコミックスが原作で、原作既読の
場合は
・原作の考察を促されてしまうかどうか
が良い作品になっているのではないか、
と思った。
ここで言いたい良い作品と言うのは、
如何に原作のイメージを具現化させて
完成度が高いか、と言うのとも
違っている。
あくまで原作が基準となり、原作主体で
考えるのではなくて、音声化された
作品として独自に考えた時に成功して
いる
、と言うか。
原作未読で全く思い入れがない人が
聴いても、良い作品だと思うかどうか、
と言う意味での「良い作品」だ。
原作未読で、ストーリィ的には面白いと
思えないが、出ている声優さんが
好ましいので聴ける作品が真逆の
位置にあると言うか。

原作を読んでいた時は、話を追うだけで
登場人物の心情も見たままにしか
受け取っていなかった部分が、どれだけ
機微に満ちており、紙面では台詞の
ない人物の表情の中に、どれだけの
心情が込められていたか、と言う事に
はたと気付く…
音声になって耳から入ってくる情報が
促しているのだろうけれど、それを
導入しているのは原作のキャラを理解し
把握して、声と言う媒体で伝えてくれる
声優さんの演技力がもたらしているのでは
ないかと思う。

熱演とか、演技力が高いと言うこととは
違った部分で、職業としての声優さんの
キャラクターを理解する力とでも言うのか。
キャラの読み込みが得意でも、演技力が
欠けていれば棒読みと言われるだろう。
私はゲームをやらないのでよく判らんが

声質        × ○○ポイント
演技力      × ○○ポイント
BLスキル     × ○○ポイント
キャラの理解力 × ○○ポイント
知名度      × ○○ポイント

*声優さんのポイント数

声優さんの好き度 × ○○ポイント
キャラの好き度   × ○○ポイント
原作の好き度    × ○○ポイント

*聴く側のポイント数

こう言う具合にポイント方式で考えると、
作品によって異なってくるが、キャラの
理解力が深い声優さんが演じた方が
BLCD作品としての完成度は上がるし、
聴き手を説得する力が強いんじゃないか
と言う気がしてきた。

自分で勝手にキャスト予想してはしゃいで
いた時に、私は百目鬼があんげんなら
他のキャストはどうでもいいや、くらいな
テンションでいた。
原作を教えてもらってコミックスの1巻目が
発売される前から読んでいたが、その頃から
ずっと百目鬼はあんげんの声で読んでいた。
具体的に理由を挙げ連ねる前に百目鬼=
あんげんだったのだが、逆に他のキャラの
声はあまり思い至らず、逆算方式で
百目鬼があんげんなら…と言う具合に
当てはめて行ったくらいで、特に矢代は
これまでのBL作品を聴く限り、こう言う
感じの役を過去にやった事がある人が
来るだろうなぁ、と言うくらいにしか
思い付かなかった。
失礼ながらお声を知らなかった新垣さんの
矢代は、声を知らないだけに予想も
付かず不安だったものを軽く凌駕する
矢代だった…

Twitter上で、原作者がキャストの
希望を募る、と言う事もやっており、
その結果として矢代=新垣さんと言うのは
応募の結果ではなかった気がして、
(BL作品にあまり出演がない、しかも
 メインをやった事がない人を人気作の
 主役に据えるなんて博打要素が
 大きすぎるので、最近のBLCDキャストの
 流れからも予想外であった…)
読者の希望を募ったものの、最後には
原作者の主張を選択したのかな、
くらいに思った。
これは私の勝手な深読みなのだが、
勿論私もこのアンケートにメールを送り、
百目鬼をあんげんで!!と強く書いて
いたのにも関わらず、あんげんいるけども
影山か…声質的に合うのは解ってるよ、
でも百目鬼で聴きたかったんだよ!!と
身勝手な悲嘆に暮れていたのだが、
聴いていて、原作の現在進行している
話の中では矢代と百目鬼なんだが、
原作者の中では矢代にとっての
影山の方が現在も大事な人間なんだ、
だから百目鬼ではなく影山に
あんげんが来たんだ…と思うようになった。
百目鬼よりは影山と八代のバランスの
方にこだわりが出たんだな
、と言う
気がしてならない。
現在、連載がまだ続いてる中で作者が
もしキャストにこだわったのだとしたら、
矢代と影山なんじゃないだろうか。
     (続く…
       ※敬称略

ドラマCD(囀る鳥は羽ばたかない)
フロンティアワークス
2013-10-23
(アニメCD)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドラマCD(囀る鳥は羽ばたかない) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



囀る鳥は羽ばたかない 1 (H&C Comics ihr HertZシリーズ 129)
大洋図書
2013-01-30
ヨネダ コウ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 囀る鳥は羽ばたかない 1 (H&C Comics  ihr HertZシリーズ 129) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



囀る鳥は羽ばたかない 2 (H&C Comics ihr HertZシリーズ)
大洋図書
2013-11-01
ヨネダ コウ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 囀る鳥は羽ばたかない 2 (H&C Comics  ihr HertZシリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント