ことぶき猫玉日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 祝『囀る鳥は羽ばたかない』ドラマCD化、めでたい!!A

<<   作成日時 : 2013/04/17 22:39   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

無理強いされる必要がないとなると、彼が性的なものを
満足させにくい状況にある、と言う事かもしれない。
何しろ彼は「ホモ」や「オカマ」ではなく、自分の事を
「変態」であると自負しているので、彼が心底満足を
得る為の性的な行為は、行っている相手が
無理強いして、力任せに自分の意のままに凌辱して
いるのだ、と言う勘違いをさせて行わせなければ
ならんのじゃないだろうか。
頭として、尊敬したり色気に参るような部下には
手出ししない、と言う事だ。
刑事相手に、情報を「得る」目的で無理やりに
体を開いている、と相手に思わせなければ、
矢代が切望する性的満足は得られないのでは
ないだろうか。

性的な行為には、自分に対する愛情は必要なく、
蔑み暴力的に奪われなければならないが、
彼が影山をたった一人好いた人間と今でも
心の中に残しているのは、肉体関係とは別の
所で同性に愛情を抱いてしまう自分自身は
決して影山に凌辱されるような性的関係を
望んではいないと言う絶望なんじゃなかろうか。
精神と肉体の離反とまではいかないだろうけれども、
変態だから真っ当に人を愛せないのではなく、
精神的に愛すると言う感情は、矢代の中では
性的にどんなに変態になろうとも、真っ当で
純粋なもののままだ、と言う絶望
と言うか。

高校時代に彼が影山をおかずにしていたのは
男子として普通の事で、好きな相手に欲情し
想像の中で自慰の相手にしているだけで、
至極真っ当な事なのだ。
自分が性的に変態だからではなく…
義理の父親に性的暴行を加えられていた
幼少期の衝撃は去り、肉体的には同性相手に
変態的な行為ではないと性的に満足を
得られないとしても、彼の心の中にある
純粋に人を愛すると言う心までは踏み
にじられたり壊されてはいないと言うこと。
だからこそ、百目鬼に「優しいセックスを
しそうで嫌だ」と本音を言ってしまったのでは
なかろうか…

叩かれて強くなったのかもしれないが、
矢代と言う人間の恐ろしいまでの強さと言うか、
影山に「一人だ」と言われ、気付かされて
しまった過去があっても、どこまでも強かに
強い男だなぁ、と思って泣けてきた。
百目鬼はきっと、本能的にそう言う矢代の
強さに惹かれて、それを美しいと感じ、
彼の何も知らないままに恋して、彼の
何を知ったとしても愛しているんだなぁ、
と、ドラマCD化決定の朗報を聞いてすぐに
読み返して、矢代こそは抜きん出て
自分の好みの「BLびっち」だ!!と
迸っていたものとは別に、この物語に
惹かれる自分自身を見直せた気がした。

そして、再読すればするほど募る…募らずには
いられないキャスティングへの多大なる期待(笑)
作者さんの公式ブログで、キャストのファン意見を
募集してたので早速、差しでがましいが、とても
好きな作品だけに、こう言うキャストで聴きたいなぁ
と言う願望が捨て去れないので、恥ずかしながら
メールを送ってしまった。
私の脳内キャスティングはこうである。
矢代は色々迷ったが、読み返して固定化してしまった。

矢代:鳥海浩輔さん
百目鬼:安元洋貴さん
影山:成田剣さん
久我:鈴木達央さん


矢代は、のじ兄もずっと候補に挙がっていたのだが、
その理由が、同じく音声化される『Nights』の穂積に
鳥さんがいいなー、と思っていたからで、まさか
同じ作家の、発売が近い作品どちらもにキャスティング
される事はないだろうから、一人が主役級をどっちも
やってしまう事はまず現実的にあり得んだろうな、
と思ったと言う余計な詮索が作用した結果だ(笑)
ちなみに、『Nights』の唐島には、まあまず叶わん
だろうけど、『PSYCHO-PASS』で狡噛をやった
トーンで関智一さんにやって頂けると非常に
萌えるんだが(笑)

影山は、今まで聴いたBLCDの傾向と対策を
自分なりに考えると、他の声優さんがキャスティング
される確率が非常に高いと思うんだけども、
矢代にとっての影山の存在、そして、表向きは
医者でもあるし非常に常識人に見える影山が
実は「火傷痕ケロイドフェチ」と言う秘めたる
性癖を抱え持っていることなどを鑑みると、
あの影山の見た目に合う声質じゃなくて、
どこかに危うさを孕ませる事の出来る演技の
得意な人にやって貰いたいなぁ、と言う気持ちが
強くなってきた。
ブログのメールフォームに文字を打っている時に
ふいになりけんさんの名前が降りてきた感じ。
滑り感のある変態ちっくな役どころに定評の
ある(?)なりけんさんだが、声質は非常に品が
あり、柔らかい声質も、固い声質も出せて、
それでいて乱暴には聞こえないと言う声の
持ち主だと思うので。

医者の家に生まれたからこう言うフェティシズムを
抱くようになったのか、フェチ在りきで、自分の
欲望を満たしやすいから医者と言う職業を
選択したのか、恐らく影山の中でももう定かで
ないかもしれないが、危なさで言ったら矢代より
影山の方が病んでいるだろう。
職業に自分の性癖を投影するのは自ら危ない橋を
渡っているようなもので、非常にリスクが高い。
リスクの高さよりもフェチが勝つのである。
これは怖い。
そのリスクが解っていても選んでいる訳だから、
世間的にはいい迷惑である。
関心と興味とフェチは、同一ライン上に並んで
いるようでいて、全く違うものだ。
関心や興味が高じてフェチになるかもしれんが、
そうならない場合の方が圧倒的に多いだろうし。
常識人に見えて、冷静に考えるとヤバいのでは
なかろうか、と言う危うさがある部分をなりけんさんの
声で聴きたいなぁ、と思ってしまった。

白状してしまうと、百目鬼があんげんでさえあれば
絶対に購入決定(笑)、他のキャストが自分の
身勝手な希望と外れようと、実はあんまり
気にならなかったりする。
初めて作品を読んだ時に、百目鬼はあんげんじゃ
ないか…と思ってしまって、どうにもこうにも
揺るがないからだ。
ファンの欲目と言うのもあると思うけど、これは
あんげんだからこそやって欲しい役じゃないか、
と思うからだ。

声質的にアニメなどの作品のど真ん中に入り
難いが、BLではカプの片側に配役される需要が
高くなるので「BLは嫌いじゃない」と『兄貴と
たっつんの生搾り100%』
で言っていた。
(声質的にも「攻め」需要が自ずと高くなる)
BLの中でも、ある種の固定化が見られる時期も
あり、もっといい役を振ってあげてくれよ…と
ファンだからこそ歯ぎしりする思いがあった。
それが『僕の先輩』で三郎に決まった時に、
三郎はあんげんで、とプロの演出家も
思ったんだ…と嬉しくなった。
そして『マッチ売り』の澤である。

声に対する聴く側の固定観念と、演じる側の
固定観念は必ずしも一致しないと言う事だ。
あくまでも声は声優さん一人一人が持つ
最大のツールではあるが、それを使う技量は
また別の話、と言う事で、声のイメージ=
演技のイメージではない。
それとは別の所で、この役の声質は「高音」
「中音」「低音」でなければならない、と言う
キャラが立っているからこそのイメージ先行も
現に存在する。

あんげんは「美声低音」の部類に入ると思うが、
低音だから演技幅が狭いとか、声のイメージが
強烈過ぎて機微を表現しにくいと言う固定観念が
BL作品にも影響しているんだな、と思った
作品も幾つかあるので、そうじゃないんだよ、
と言うのに誰か気付いてくんないかな、と
ずっと思っていたところへ『マッチ売り』の澤が
来たわけですよ…(笑
感情の起伏が激しいコミカルな役は、低音との
ギャップを楽しめるし、もう一方でいい意味でも
悪い意味でも一物を腹に溜めている役は
あんげんの声質・演技は合うんだよ…

百目鬼をあんげんで、と思ったのは、百目鬼が
高音であろうはずがない、ではなくて、
寡黙で口数が少なく、朴とつな喋り方であるが
話した言葉の一つ一つが耳に残ると言うか、
少なくとも矢代の耳には残っているだろうから、
あまり喋らないからこそ一度聴くと声色・抑揺・
トーンが頭の中に一瞬で刷り込まれる…
そう言う声質の持ち主だからだ。
過剰に感情を振り切らずに、自己陶酔的には
決して聴こえない演技が得意な人にやって
貰いたいと思うからだ。
百目鬼は、矢代の前では感情を素直に
無防備に顔に出しているが、喋っている言葉に
極力感情を乗せないようにしている気がするからだ。
(元警官と言う事もあり、感情が表に出ない
 喋り方が通常の彼の喋り方だと思う)

下世話に言ってしまうと、あんげんは「隙のない」
人間よりは、どこかで破綻や挫折を経験して
それでも自暴自棄になってない役が合うと
思うからだ。
声質から「怖い」とか「硬い」と言うイメージが
付きがちだが、あんげんの持ち味はどこかで
ヘタレな部分を孕んでいる雰囲気が出せて
しまう重低音だと思う。
決して高圧的に上から言うばっかりじゃない。
「ゆるゆり大事件」でなんで大事件になったか、
ヤングが、三宅健太さんと比べてあんげんを
同じ野獣けいでも「インテリ・ビースト」と
評した言葉にも表れていると思う。
百目鬼のへたれってる部分は言わずものがな
不能である、と言う事で、元警官で、正義感が
強く、強いが故に自分の父親でさえも瞬時に
殴り飛ばすことができた真っ当さと入り混じり、
いい塩梅に強い・弱いが混在している。
こう言う役はあんげんにやって欲しいんだよ!!
「硬い」印象だが舌触りは「柔らかい」んだよ〜。

『僕の先輩』が音声化すると聴いて、ここに
三郎はあんげんで!!と書いたら願いが
叶ったので、今回もここに思いの丈を
書いておこうと思う(笑)
三郎も、強くて怖い先輩がとても優しい、と言う
反するものが入り混じった感じだったので、
あんげんにやって欲しいなぁ、と思ったんだよ。
あんげんは強面の声でありながら「抜ける」事が
できる演技の質を持った重低音声優だと思う。

なにとぞ!!なにとぞ、百目鬼はあんげん
聴かせて下さいまし…お願いします。
     ※敬称略

囀る鳥は羽ばたかない 1 (H&C Comics ihr HertZシリーズ 129)
大洋図書
2013-01-30
ヨネダ コウ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 囀る鳥は羽ばたかない 1 (H&C Comics  ihr HertZシリーズ 129) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



NightS (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)
リブレ出版
2013-02-09
ヨネダ コウ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by NightS (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26)
大洋図書
ヨネダ コウ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
祝『囀る鳥は羽ばたかない』ドラマCD化、めでたい!!A ことぶき猫玉日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる