アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「漫画」のブログ記事

みんなの「漫画」ブログ

タイトル 日 時
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年5月18日「無印13巻及び14巻」什造のフォントA
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年5月18日「無印13巻及び14巻」什造のフォントA もう一つのフォントはも、言葉には出さない言葉で使われている。 14巻 #134[倒惨]より ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/18 13:14
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年5月17日「無印13巻及び14巻」什造のフォント@
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年5月17日「無印13巻及び14巻」什造のフォント@ 什造の多重人格性を表すフォントについて。 いつも使っている「タカハンド」ともう一つの書体(呼び方解らん)の 他に今回無印読み直してやっと(笑)気付いたが、他に2種類の フォントが使われている。 どちらもモノローグに当たるのかな、と言う部分で使われている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/17 12:34
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年4月20日「無印2巻 #10骨董」
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年4月20日「無印2巻 #10骨董」 あんていくでバイトを始めたカネキくんに会いに来るヒデ。 「カプチーノ!!」 「カプチーノね」 クンと、カネキくんの袖を引くヒデ。 「?」 →この時、ヒデはカネキくんの制服に盗聴器を仕掛けたと思われる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/20 20:25
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年4月18日「:re 120話」トーカの言葉
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年4月18日「:re 120話」トーカの言葉 「…私は 無力だとも思った」 「…私たちじゃ 父さんの心を救えなかった」 「母さんを失ったことを一番受け入れられなかったのは、  私たちよりも父さんだったんだって…」 「私は父親の行為を誇りになんて思わない…」 「私は自分の親でも間違っていれば否定するよ」 「一緒にいたかったから」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/18 12:32
東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年4月10日『什造が闘う意味』
東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年4月10日『什造が闘う意味』 ツイッターのDMで『東京喰種』好きさんとやり取りしてて 什造は旧多の思惑に気付いているし、CCGの組織自体には 恩義を感じてないと思われるのに、今も特等として 組織に属しているのは何故か。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/10 18:30
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年4月3日「:re 118話」それぞれの表情
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年4月3日「:re 118話」それぞれの表情 偽・佐々木琲世が壇上に引きずり出された時の表情比べ。 (偽はウタの分離赫子か、整形した人間・半人間かと思われるが  なんにせよ、そこはあんまり深く考える必要はない) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/03 16:21
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年3月30日「:re 10巻」糸切れ人形
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年3月30日「:re 10巻」糸切れ人形 ウタ「オークションぶり 糸切れ人形くん」   「遊ぼうよ」 什造「いいですよ お顔を 描いて差し上げましょう」 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/30 13:52
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年3月18日「:re 10巻」ツイートまとめ
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年3月18日「:re 10巻」ツイートまとめ 0番隊キッズに起こされて「re」店内を見回すカネキくんの視線の先、 誰かいるんだよなー。 トーカも四方さんも白シャツにエプロンが制服みたいだから、 これは誰なんだ…キッズの理界が入り込んだの? カウンターっぽいとこに。reの店内の、上から見た図面が欲しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/18 21:34
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年3月15日「:re 90話」滝澤の真意
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年3月15日「:re 90話」滝澤の真意 亜門は、滝澤が「成功体」になり得るが為に、簡単なカネキくんの 作り方と称して、滝澤にとってはそれを受ける責も意味もない 拷問を受け続けていたことを知ってるんだろうか。 115話で、二人が実験施設の独房の壁越しに会話を交わす時も、 滝澤は亜門が食を摂らず食べていない事を知っているが、 そんな滝澤に 「あきらめるな」 等、無責任で根拠のない根性論を、さも正義かのように 捜査官たるべき人間としては、と言う論拠を迷う事なく 口にしている… 滝澤が受けた「ただ傷の修復だけが目的の拷問」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/15 21:21
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年3月3日「:re 114話」六月の恋心
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年3月3日「:re 114話」六月の恋心 六月は六月なりに、父親から受けた虐待に因り、 逆に自分の中にどうしようもなく女としての欲望がある事に 気付かされた被害者と言う見方も無論ある。 それを嫌悪し、隠そうとすればするほど、体と心が 離反して行くのは容易に想像がつく。 発散する方法として、小動物を虐待し、殺したんだろうが、 この行為はやはり個人的に許容できない。 六月が、自分を「女」と思わないように、周りにも「女」として 扱う事がない様に「男」を装い、性の対象とされる事を 物理的に避けようとしていたことは解るが、それは... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/03 18:56
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年2月28日「:re 111話」ツイートまとめ
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年2月28日「:re 111話」ツイートまとめ :re 111話亜門の「俺は…」「お前に…」って言葉、 有馬との被せで「殺して欲しいんだ」と続くのかと思ったが、 その前の回想にスケアクロウが「アモサン」と言っている… 亜門は 「お前の親友のヒデは生きているぞ。今もお前の為に生きているぞ」 と言いたかったのでは…なのにカプセルから出たら… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/28 21:30
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年2月24日「:re 113話」什造の蹴り
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年2月24日「:re 113話」什造の蹴り 什造は体力(パワー)勝負の肉弾戦ではなく、 得物を(クインケ)使った攻撃+スピードを得意とするタイプだが、 人間より圧倒的に高い身体能力を持つ喰種に対し、 スピードでは負けない俊敏さを持っている。 パワーは劣ってもスピードはあり、右足はクインケ仕込みの 義足なので、自分の肉体そのものでは喰種に攻撃を当てても 大した威力は発揮できないと知っていて、義足の強度に頼り 蹴りを入れる事はできると言う計算の元、ウタの顔面に 蹴りを入れており、それが決定打にならずとも、仕込みの サソリで連... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/24 21:19
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年2月19日「大環アクト」
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年2月19日「大環アクト」 亜門を助けに来たスケアクロウは「CRcガス」を持っていた 事になり、これも手に入れられるコネクションがあると言う事になる。 スケアクロウ(Cレート)の中身がヒデと考えると、上井大学繋がりで 貴未とも繋がりがあったと考えるしかない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/19 14:29
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年2月18日「:re 112話」才子のターン
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年2月18日「:re 112話」才子のターン 才子の赫子形成に伴う技術は、シャオが言う様に 「自由」をベースとした柔軟性と、固定観念を抱かない事に因る 不可能はないと言うヲタク気質が生んだ最たるもの。 形状と同質の機能を、質量で具現化できているのかは 対 瓜江戦では不明。 形状と質量が必ずしも一致しないと言うのは他の喰種にも見られるし、 なんだかんだフレームアウトしたほぼ喰種状態の瓜江は 才子の様々な赫子攻撃に力業で反撃していた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/18 14:15
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年2月13日「東京喰種」にリンクする『雨男』什造編
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年2月13日「東京喰種」にリンクする『雨男』什造編 無印13巻を、amazarashiの『雨男』を聴きながら読んでしまった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/13 20:45
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年2月12日「:re 111話」亜門
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年2月12日「:re 111話」亜門 「歩け」と腕を拘束されどこかに連れていかれようとしている 亜門は、強制的に人肉を食わされる方法を行っても カネキくんほどの成功体に至らず、処分される為に 処刑される場に連行されているんだ… 捜査官時代は暑苦しいくらいに真っ直ぐな「正義感」で 動いていた亜門は、嘉納に囚われた直後、異様に静かだ。 滝澤の様に泣き叫ぶことも一切なかったに違いない。 スケアクロウに脱出させて貰ってから、まず考えたのは 政道の狂乱ぶりを見ていたので、彼を救いたいと言う 気持ちだったと思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/12 21:26
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年2月11日ツイートまとめ・スケアクロウの正体
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年2月11日ツイートまとめ・スケアクロウの正体 スケアクロウ、確かオークション会場にも居た。 コネがないと喰種でも入れそうにないだろうから、元々 スケアクロウはどこかしらの集団に属していて、 こう言うところにも入り込めるコネクションがあった、が、 どこかで殺されるかなんかしらして、現在のその中身は ヒデにすり替わったんじゃないかな、と思っている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/11 20:09
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年2月10日「:re 111話」ドナートの退場
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年2月10日「:re 111話」ドナートの退場 瓜江にあれほどの痛みを加え、フレームアウトにまで 追い込んでおきながら、首二つ持ってあっさり退場。 引き際が良過ぎる。 首二つの内の一つは髯丸のおじさんと思われるが、 胴体を残したのは、フレームアウトした瓜江に 「食い物が目の前に在るぞ」 的な状況を作るべくであろう、ドナートの執拗な残酷さを考えれば。 ドナートの目的は、自分を収監した捜査官の息子がこちら側へ やって来て七転八倒する様を作る、だけだったんだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/10 17:22
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年2月9日「:re 111話」スケアクロウ
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年2月9日「:re 111話」スケアクロウ 111話も濃い…まあ東京喰種は毎号々々あのページ数に 膨大な情報量が含まれている作品で、閑話休題を入れる 必要がない稀有な作品なんだが… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/09 16:36
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年2月8日「:re 106話」真の主題歌
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年2月8日「:re 106話」真の主題歌 周囲を圧倒する赫子の大きさでピエロを一掃するカネキくん。 「隻眼の…―――」(決めポーズ) 黒山羊のリーダーとして動き始めた彼の中に、個人の感情を 垣間見せる様な描写が無くなっている。 無印で、アオギリ戦(ヤモリとの対戦)後、あんていくに戻らないと 決めて、万丈・ヒナミ・月山やと独自に動き始めた時期に似ている。 今、カネキくんの中に、個人の欲や感情と言うものは潜伏している 様にさえ見える。 使命感に満ちていると言うより、風のない湖の水面の様に静かだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/08 11:13
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年2月3日「:re 110話」
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年2月3日「:re 110話」 篠原さんの顔を模したウタが 「…あんま無茶するな」 と言う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/03 13:54
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年2月2日「:re 110話」什造について
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年2月2日「:re 110話」什造について 什造VSウタと言う、見たかった様な見たくなかった様な 対峙からの始まり。 闘ったらどうちらかが「死ぬかも」と言う可能性をいつも はらんでいるので、什造もウタも死んで欲しくない登場人物の 上位に来る為、心臓に悪い類いのドキドキ。 什造は、ヤモリ、ビッグマダムなど、数々のSSレート級喰種を 倒して特等になっているが(A〜Sレート駆逐数でも群を抜いている 事だろう)その他のSSレートと対戦している場面は描かれてない。 結果として数値保持者であるのは間違いないが。 『JOKER』で描か... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/02 13:32
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年1月28日「:re 107話」
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年1月28日「:re 107話」 一般のCCG捜査官さえ存在を知らない「本局特別捜査官」、 ありていに言ってしまえば「V」だが、あくまでも黒幕に徹し 裏でしか動いてなかったのが、ここに来て姿を現した… つまりそれほどに隻眼の王に出没されるのを望まず、 カネキくん率いる黒山羊を脅威に感じていると言う事になる。 一般捜査官が到底適いそうにない作戦に投じられる事が 多く、その様を目にする機会がなかったであろうと言う意味で 有馬の0番隊も伝説級だったに違いないが、存在してる事は 公にされていた。 ここで「特別捜査官」な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/28 14:38
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年1月27日「:re 105話」Rc抑制剤の行方
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年1月27日「:re 105話」Rc抑制剤の行方 アキラの治療に必要なのはRc抑制剤である、と教えたのは ニコで、ニコは105話でピエロがCCG襲撃し始めた場面と 同じ服を着ている…教えると同時に、黒山羊が動きだし それに合わせてピエロも動く事に決めていた様に思われる。 ラボに取りに行くであろうことも予想し、仕向けている。 ニコには、カネキくんやヤモリに対して、個人的な、 ある種人間的な愛情を持ち合わせており、それは彼が 「オカマ」である事とは関係なく、彼の性質だと思われる。 だが、所詮ピエロの一員でもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/27 14:16
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年1月26日「:re 109話」
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年1月26日「:re 109話」 ドナートが確保される場面が描かれるが、教会の地下から発見された 子供の亜門はマスクをして割烹着にしか見えない(笑)白衣を着用し、 これは明らかに子供の解体作業を手伝わされていたと言う事だろう。 この、子供時代の亜門のトラウマはどこに在ったのか… 亜門の熱血漢ぶり、正義感に熱い性質は「恨み」「憎しみ」から 生まれたモノにしては湿り気が少なすぎるんだよね… 今週号読んでると、亜門のトラウマはどこに行ってしまって いたのだろうと考えてしまう。 それほどまでに「とうさん」を愛する気持ちの... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/26 18:26
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年1月25日「:re 108話」
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年1月25日「:re 108話」 「いやな手触りですね」 と什造が言う。 半井などは、ピエロが人間であったと判明してても、任務であり、 任務として喰種の疑いを持たれるような行動を取ったんだから、 ピエロのコマに違いなかったと割り切るだろうが、他の班員や 捜査官たちはどうだろうか。 みんな、そう割り切れるだろうか、と言う事を「解体屋」として 人間をバラしていた什造だからこそ感触が違う事にいち早く気づき、 加え、そう言う感触は早々忘れられるものではない、と言う意味も 含めての言葉ではないだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/25 17:29
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年12月31日「:re 106話」ツイートまとめ
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年12月31日「:re 106話」ツイートまとめ 2016年も『東京喰種』一色だった。 ブログ見返すと2015年4月からハマってた。 106話は5・6号合同号だっただけに、物凄い情報量。 脳が処理できない…(笑) とにかく、一番目についたのがニシキの前髪上げ眼鏡は インテリの定番でニシキも男前度が否応なしに上がっているこのコマ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/31 16:51
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年12月26日ツイートまとめ
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年12月26日ツイートまとめ 『東京喰種:re』100回記念のアイコン一言コメントを通勤時の 電車の中で全部ノートに書き写してみた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/26 16:32
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年11月20日:re 101話「旧多について」
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年11月20日:re 101話「旧多について」 カネキくんが単独で旧多に会いに行ったのは何故か。 旧多を殺してしまえばそれで済むか? 有馬ほどの強さがあれば、単独で和修を「潰す」事は 可能だったのかもしれないが、単独で行う事には意味がない、 と有馬が一番解っていたからだろう。 ぶっ潰すだけでは(特定のターゲットを消す)その事実が 残るだけで、それらの人間を生んだ背景・思想などは 消し去る事が出来ない、と知っているからだ。 なので、カネキくんは「実力行使」せずに組織を作る方を 選んだんだろう。 加え、有馬の中には一人で和修に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/20 14:02
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年11月18日ツイートまとめ
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年11月18日ツイートまとめ 有馬が平子に自分がやろうとしてる事や正体を 明かしたのはどの辺りなんだろうなぁ。 20区戦後、宇井たんと話している感じを見ると、 この時は知らなかったと考える方が自然だし。 「俺は役目通り戦うだけだ その先は上の方々の判断に任せる」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/18 13:11
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年11月13日ツイートまとめ
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年11月13日ツイートまとめ 13巻#124『口前』、扉絵の亜門、ドウジマを右手に持ちローブを纏い、 左手は十字架に添えている。 ローブは無論捜査官の制服にはない。 :reで「黒いローブの大男」まんまの格好を既にここでやっている… この時点で、既に亜門がどうなるのか、作者の中で 決まっていたと言う事か、恐るべし… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/13 13:23
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年11月11日ツイートまとめ
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年11月11日ツイートまとめ 100枚シールの鈴屋班と宇井たんで4コマ漫画成立するんだよなー。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/12 18:21
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年11月12日:re 100話「什造といわっちょ」
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年11月12日:re 100話「什造といわっちょ」 本誌発売した直後に「公になっている」とみなし、 ネタバレ違反とは思わないので、書く。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/12 16:15
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年11月12日「ファーストガンダムを見ながら」
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年11月12日「ファーストガンダムを見ながら」 「と言う事は、もしララァが敵と意思が通じ合える 可能性が出たら、戦闘力は維持するものなのか」 「私には大佐を守っていたいと言う情熱があります」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/12 13:34
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年11月10日:re 89話
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年11月10日:re 89話 滝澤はいつでもタタラをやっつける事が出来た。 それをやらなかったのは、心のどこかで、タタラが目の前で かつての捜査官仲間を殺そうとする場面が来るまでは 裏切る心と復讐心を隠しておくと決めていたんだろうなぁ。 ジャムジャム……と言いながら、人間の脳みそをすすりながら その時を待ってたんだろうな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/10 12:30
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年11月5日ツイートまとめ :re 99話
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年11月5日ツイートまとめ :re 99話 98%殲滅の裏に、CCGが被った打撃 ・吉時の死 ・有馬特等の死 ・議長の死 ・コクリア獄長の死 ・法寺の死 ・先行隊の鉢川の死 一個の死が表向きにはデカいのに対し、単純に喰種側は 無印メンバーが生き残っていると言う図式。 98%って個体数の駆除数でしかない人間側の驕り。 2%取り溢していると指摘する宇井は賢い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/05 18:27
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年11月3日ツイートまとめ :re 98話&99話
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年11月3日ツイートまとめ :re 98話&99話 亜門…共食い野郎だろうが(元捜査官だから人間を 食えるわけがない)アラタ纏った状態のあの外見は 「半喰種化失敗」としては明らかにおかしいんだよなぁ。 施術中に明らかに術式邪魔になりそうなアラタ取っ払わなかったか と言うのと、ドウジマを持ち続けていられるのも道理に合わない。 これだけ「失敗作」と言われている限りは一旦は嘉納の 実験台として術台に乗せられたと思われるが、施術中・施術直前に 確変起こしてアラタとの癒合が始まり、物理的に施術に至らず、 その場で逃げ出したのではなかったと言... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/03 19:33
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年10月21日
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年10月21日 ずっと不思議だ。 自分たちと全く違う姿形の喰種を「人間を食うから」と言うだけで 一方的に「害」と決めつけ、排除と言う手段しか取らない事。 設定としての世界観と言うには、実はツッコミどころが多いのだ。 理屈としては完全に「差別を容認している」と思えるからだ。 差別に抗うのは非常に困難である、違うモノを排除したいのが 人間の本質である、と言う事がテーマである、と大々的に 打ち出している作品でもない。 が、害獣となり、人里に下りたが為に「脅威」とみなされ、 結果として人間に荒らされた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/21 18:03
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年10月20日:re 95話
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年10月20日:re 95話 95話の「三年後期成績表」の頭文字繋げると11位までで 「またうしなってしまうね」 となる。 11位で「ね」を付けたと言う事は続きがある、つまり12位以下で 完結する文章じゃないかな。 例えば、 12位:堂島「ど」 13位:臼井「う」 14位:須藤「す」 15位:類家「る」 加えて「?」とかね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/20 18:08
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年10月15日:re 96話
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年10月15日:re 96話 完全ネタバレ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/14 17:43
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年10月13日ツイートまとめ
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年10月13日ツイートまとめ <縫い目繋がり> 什造→言わずと知れたボディステッチ    肉体改造マニアの「お友達」に教わった ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/13 18:31
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年10月12日『赫子代用再生』他
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年10月12日『赫子代用再生』他 現在連載中の展開を踏まえて:re 8巻を読むと、六月の 切断された四肢が戻る(再生する)のは 「クインクス施術を受けているから」 で片付けてしまっていた。 94話でも確認できるが、元の手足と同じ状態で再生している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/12 21:23
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年10月5日ツイートまとめ『死亡フラグ法則はない』
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年10月5日ツイートまとめ『死亡フラグ法則はない』 死亡した登場人物を分類すると、東京喰種に死亡フラグなる法則はない と解る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/05 21:29
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年10月3日
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年10月3日 現在、:re 8巻を読みながらヤンジャンを楽しみに生きる毎日。 六月と滝澤が対戦してる。 流島決戦で、法寺&真戸VSタタラ→タタラVS滝澤→滝澤VS亜門 からの、まさかの六月乱入。 正直、一番来て欲しくなかった第一位(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/03 21:02
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年10月02日「滝澤が指をくわえて喋る時」
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年10月02日「滝澤が指をくわえて喋る時」 滝澤が口に指を入れて喋る時は本音(感情)を 口にしてる時じゃないだろうか… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/02 13:41
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年10月01日:宇井の山手線ゲーム
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年10月01日:宇井の山手線ゲーム 宇井たんがハイル失った後、脳内で山手線ゲーム始めてたが、 あれはなんだったんだろう。 自分を落ち着かせる時にやる元々宇井が持っている「癖」だと 思うが間に 「……駄目だ 早く着きすぎる 遠回りしよう」 と言っている。 あれはハイルの死を「帰着」として思考がどん詰まりになるのを 避けたいと言う気持ちか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/01 13:39
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年9月6日ツイートまとめ及び補足「超回復」
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年9月6日ツイートまとめ及び補足「超回復」 超回復にはかなりのリスクがあるんじゃ… 出来る・出来ないじゃなく、敢えてやらない方を選んでいる気がする。 ハイリターン(一瞬で切り離された肉体が元に戻る) ハイリスク(細胞活性回数の限界値にどんどん近づく) が本能的に解っているエト・カネキくん・芳村店長には 超回復の描写がないんじゃないかなぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/06 16:50
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年9月5日ツイートまとめ及び補足
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年9月5日ツイートまとめ及び補足 旧多が「右目赫眼」だった…エトと同じ、天然ハーフと同じか…。 半人間+半喰種化施術=天然ハーフ、と言う公式が成り立つのかなぁ。 だとするとどうも右目を隠してるっぽい亜門もこの可能性がある。 旧多の圧倒的強さを亜門も持つ事になる。 滝澤の一撃避けなかったのは甘んじて受けたとも考えられるし。 個人的には「半人間」と気付いてしまった亜門が自ら身を隠し、 喰種化施術を受けた仲間(CCG捜査官)が「死なない」様に 影武者に徹している、と言う立ち位置を望む…亜門らしいと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/05 16:29
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年9月3日ツイートまとめ及び補足
捜査官の素材が生き死にに関係している明確な記述はないが… もし死んでてもいいのであれば、今一番怖いのが不知の体に ガギグゲぶち込んだパターン… 人間としてどうよ、だよ正に… が、不知とガギグゲの合体は個性としては悪くない気もする。 義理人情に厚いヤンキー系と言う感じで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/03 16:22
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年9月2日ツイートまとめ及び補足
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年9月2日ツイートまとめ及び補足 瓜江がハイセがいたら不知は死なずに済んだ、 と詰め寄った時、心情としては 「法寺がいたら自分はこんな事にはならなかった」 と言った滝澤の逆恨みと酷似しているが、瓜江はハイセに その場で 「責任転嫁をするな」 と言われた事がプラスに働いている。 修正はその場でされた方がいい方に向く時もあるよな… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/02 16:11
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年9月1日:re 89話
滝澤は何も、法寺がいなかったせいで自分はこんな風に なってしまったと言いたいのではない。 法寺があの時傍にいれば…と言う様な趣旨の言葉を 口にはしたが、それは文字通りの意味でしかない。 「もし」なのだ。 オウルとなって初めて登場した滝澤のインパクト。 これに恐れをなし、拒絶反応を抱いた読者も大いに違いない。 オークション掃討戦で護衛にあたっていたアオギリ、 そんな中、ジョーカー的に投入されたのがオウル滝澤。 彼は元仲間であるCCG捜査官を次々に残酷な力技で 排除して行った。 ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/01 20:04
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年8月29日ツイートまとめ及び補足
ビッグマダムって、自分が恨まれるようなことをしたと言う 自覚はあるんだ…それが命乞いの出鱈目だとしても、 そう言う感情がある事は知っているんだ、と :re 3巻読んでて思った。 恨まれても仕方ないと言う後ろめたさは感じてるんだ… 喰種も人間と同じ様な感情を抱くとここでも描かれている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/29 20:37
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年8月28日ツイートまとめ及び補足
今日はどうしても:re 3巻を読み返さずにはいられなかった…。 オークション掃討作戦の影で進行させるはずのクインケ鋼移送。 襲撃失敗して敗退するアオギリの前に現れた亜門(この時点では 匂いわせているがほぼ決定だろう)に対して死ぬ間際にアオギリの 喰種が「フロッピー」と言っているので亜門=フロッピー、 つまり亜門もやはり喰種化され「失敗作」認定されている 半喰種なのか…実はドナートの息子、半人間説は無いか、 と思わせといて「襲ったのはフロッピー」と言う死に際の言葉と言う 可能性もあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/28 17:56
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年8月27日ツイートまとめ及び補足
やっぱ亜門は喰種化されたんじゃないと言う気がする… 切られた右腕がいびつな三本指で再生してるが、 未だクインケらしきものを使っているし。 無印14巻で、タタラとの対峙してる時に有馬がカネキくん 捕獲したぐらいで、連絡入りタタラは死にかけなのに 闘う気満々の亜門は見逃し、ノロが滝澤を回収して撤収、 倒れ伏す亜門、自分の体の異変に気付いて身を隠し、 以降、単独で影で動いていた、と言うのが望ましい。 ドナートの息子、つまり「半人間」だったんじゃ… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/27 17:10
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年8月23日ツイートまとめ及び補足
ドナートが亜門だけ食わなかったのは単純に喰種にも人間と 同じく愛情があり「息子同様に愛しているから」だと思ってたが、 文字通り「息子」なのかもしれん。 亜門も「半人間」の可能性はないか? 半喰種後も理性を保ちつつ単独行動が出来たのは 半人間であるから旧多同様、喰種施術と相性がいいからでは? もしくは「半人間」であると仮定して、もしかしたら カネキくんに右腕もぎ取られた直後、再生の兆しがあり、 自分の正体を知り、自ら姿をくらましたのかも。 遺体がないのは自分で動いたから。 アオ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/23 18:13
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年8月21日(13巻)
什造が好きなので、什造の出ている場面は頭の中で 再生できるぐらい覚えていると思い込んでいる上を行く作者(笑) 13巻、養成所内で動物虐待を行っている教官がいると言う 事件の下りで(戸影教官:ヤモリを拷問した審問官、加え 六月に虐待を補助する様にナイフを貸してやったりしていた 一番性質の悪い人間の部類に入る存在だろう…) 育った環境が特殊だから鈴屋のせいにすればいいだろう、 となる中、白い目に晒された什造(玲)の顔。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/21 13:24
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年8月20日
タタラ、謎の男… 13巻巻末のおまけまんがで「それぞれの花火大会」が描かれている。 アオギリメンバーも遠くから見つめているであろう図が描かれている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/20 13:36
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月31日ツイートまとめ及び補足
亜門は半喰種化されているのかどうか。 14巻でのカネキくんとの闘いで切断された右腕が三本指になり 再生されているので(4巻で現れた際) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/31 14:22
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月30日ツイートまとめ及び補足
掲示板まとめとか見てると、SSレートが特等レベルに 負けたとか、そう言う言い方するのなー。 ハイルと松前との闘い見てれば解るだろうに…。 レートの強さはあくまでもスキルとして数値化した場合と言う 解り易さを表しただけのもので、闘っているその時の心情や 状況などが相まって結果となる訳だから。 社会人になると、普段はミスをしない人が思わぬ凡ミスする時が あるのを知っている。 その場合、タイミング悪く電話がかかってきて気が逸れたとか、 隣の人間のする事に気が散ったとか、そう言うイレギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/30 20:22
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月29日ツイートまとめ及び補足
子猫が母猫に甘えてる動画見ると、いつも清水玲子さんの 『天使たちの進化論』に収録されている「千の夜」の、 カナエのこのヒトコマを思い出して身が捩れるくらい切なくなる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/29 14:13
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月28日ツイートまとめ及び補足
85話が公式に公開されたので、83話から85話まで。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/28 14:57
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月27日ツイートまとめ
什造が授与された各章が凄い。 龍吉章(偉大な功績を収めた喰種捜査官に贈られる。 贈与式はCCG最高権威である総議長によって執り行われる。 この勲章は捜査官にとって最高の名誉である。) 白双翼章(SSレート) 金木犀章(100体/年) 期間優秀班…etc 期間優秀班はBM征伐時かな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/27 14:03
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月26日ツイートまとめ
鈴屋班LINE botとか誰か作ってくれんかなー。 什造「わー(ฅΦωΦ)ฅ」 半井「あと10分で会議ですよ」 環「🍮で釣ろう」 御影「班長は意識体を飛ばす能力を身に付けて下さい」 什造「ฅ(^ω^ฅ) ニャ〜 ᗦ↞◃ ᗦ↞◃ ᗦ↞◃ ᗦ↞◃」 半兵衛「先輩、👐洗... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/26 13:52
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月25日ツイートまとめ
什造って、本編には描かれてないがジェイソン以後も強烈な喰種を 倒してそうなのに、獲物としてずっと使ってるのはサソリとジェイソン。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/25 13:59
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月24日ツイートまとめ及び補足
:reの5巻で、カナエに腕を切り飛ばされたハイセの回想の中に、 有馬に「もう立てません」と言っている場面があるが、これも カネキくんの脳内の会話なのだろうか。 「お前は俺のクインケだ」の台詞を無印14巻ラストの 「は い せ …」 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/24 13:36
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月23日ツイートまとめ
:re 6巻のここ、何度考えても意味が読めない… ホリチエの写真がエトのバスタイムに何故挟み込まれてるのか… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/23 13:42
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月22日ツイートまとめ
俄然、ヒデ生存説推しになってくる怒涛の展開。 憂那の顔がはっきり描かれてないのもずっと気になっている。 「好奇心が強く独特な感性の女性」と言う性質表現はエトに繋がるが、 組織を追うジャーナリストだとしても女性単身でこんな危ない橋を 渡るだろうか。 ヒデって憂那の親族なんじゃなかろうか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/22 13:38
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月21日
:reの5巻。 5巻はもう、マイロのこれに尽きるのだが… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/21 15:43
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月20日
公式公開されている回が怒涛の展開なので、ここまでに 付せられた布石を遡って確かめたくて結局また読み返している(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/20 23:07
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月19日
ネタバレを含む。 掲載分84話を読んでない人は7月21日(木)に公式に アップされるまで待たれよ… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/19 23:23
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月18日
カナエの名前の由来から、カネキくん及びハイセの名前で 遊んでみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/18 23:18
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月17日:影絵のキツネの手ポーズ
6巻#53『講義』の扉絵。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/17 14:40
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月16日
83話で、ゲートの誤反応を避けるシステムに特定の個人を 認識する仕掛けがある、と吉時に突きつける丸手。 Rc細胞値の一定のラインを越えた者に反応する仕組みに加え、 個人の生態個別認識をしている、と言う事になる。 庭出身者や佐々木ハイセに加え、和修家の人間がその対象である… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/16 15:26
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月16日:カネキケンと言う名前。
カネキケン 金木研 KANEKI KEN ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/15 13:34
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月14日ツイートまとめ及び補足
『白日庭』から見出された…と言う言い方が引っ掛かる。 生産工場があるのか、そこに集めて来られるのか。 それによって怖さの種類が変わる。 「子産み」と言う言葉があるので恐らく生産工場があると思われるが、 集められて来るのだとしたら「親から引きはがされて連れて来られている」 って事だろ… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/14 14:06
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月15日(無印11巻)
11巻、クロナとナシロの髪に色はアッシュグレイくらいか。 人間時には双子でどっちも同じ髪色をしている。 半喰種後、クロナは黒髪、ナシロは白髪。 彼女たちを見ていると、半喰種になっても誰もが「白髪化」するのではなく、 髪が真っ白になってしまうのは 「多大なるストレスを一瞬で受けるから」 であると解る。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/14 13:26
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月12日
カネキくんにIXAをぶっ壊された後の 「クインケを」 「地下だ」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/12 22:04
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月11日
:reの7巻の含みのある言葉の応酬の塊、 エトと旧多の会話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/11 23:05
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月10日ツイートまとめ及び補足
夏は怪談の季節…と言う訳でもないが、怖い事を 思いつく季節ではある。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/10 23:32
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月9日ツイートまとめ及び補足
83話。 読めば読むほどじわじわ来る…胸が塞がるような思いが。 最後の慟哭、泣けてね…。 子供の様に声を上げて泣いているカネキくん。 ずっと什造とカネキくんは鏡合わせの存在と思っていたが、 ここでもか、と。 二人とも「父親代わり」の存在を喪失して慟哭しているんだよ… ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/09 14:17
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月8日ツイートまとめ及び補足
ヒデの情報通は彼の性格ゆえに、だと思いたい。 好奇心が旺盛な性格の所へ、親友が喰種化されてしまい、 独りで苦悩している、それを見かねて気付かれない様に動いていた、 でいいやん。 ヒデが隻眼の王とか、実は和修家繋がりだったとか、そんなの要らん。 友人想いの一般の人、でいい。 しかし 「何故、カネキくんが喰種化被験者に選ばれたのか?」 「リゼついでの偶然か?」 と言うのが、実は 「ヒデの友人だったから目を付けられた」 とも考えられるようになる。 そうなるとヒデの正体がいきなり... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/08 16:24
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月7日ツイートまとめ及び補足
13巻で丸手はヒデに「お前のダチがバイトしていた店だ」 と言ってるから、そのダチが行方不明なのは喰種が 潜んでいるあんていくの捕食犠牲者かもしれんと考えての 事かもしれないし、既に金木研と言う青年が鉄骨事件の 被害者であると掴んでいる可能性もあるなぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/07 15:26
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月6日
「“喰種”の体になって…あんていくで働く事になって…  死ぬような思いも何度もした」 と正気ではないリゼにカネキくんが話しかける場面。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/06 15:52
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月5日ツイートまとめ及び補足
9巻って未だ違和感の宝庫で、あんていく離れて月山と 万丈たち・ヒナミと独自に動いている時のカネキくんの、 リーダー的立ち位置に居る時の平然とした感じ、 元々のカネキくんの性質にない為、演じているのを 感じさせまいと必死に背伸びしてる風にしか見えん… ヤモリの振る舞いにも見えんしね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/05 16:39
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月4日ツイートまとめ及び補足
カネキくんは不殺を選んでいると思うが、その選択の中に 「選り好み」はないとしたら、物凄い精神力だと思う。 憎しみに駆られて殺したくもなるだろうに、ヤモリに対しては 「あなたの為に手を貸さない」として一貫している。 凄く厳しいとも取れる。 (無印7巻より) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/04 15:55
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月3日
無印11巻〜12巻。 芳村店長の話を聞きにウタのところへやって来たカネキくんに およそ本当の事を話しているのかそうでないのか如何にも 読み取り難いウタが四方との出会いの下りを話すところ。 四方の話をし、カネキくんが本当に聞きたい事をはぐらかしたとも 見えるのだが、そう見えつつも四方と自分の事を話すウタ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/03 15:39
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月2日ツイートまとめ及び補足
公式に81話が公開されとるので 「什造死んでほしくない一心の言い訳じゃない」 根拠がこれ。 クロナの赫子は胸で止まり、貫いてない。 しかもよーく見ると折れた先っぽが描いてある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/02 13:57
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年7月1日ツイートまとめ及び補足
死体に赫包移植して、とか突拍子もない案も出てるけど (作者の作品傾向から考えて「ゾンビ」と言う安易な発想には 行かんだろうし)赫包移植し半喰種として成功率が高くなる場合って 「瀕死状態である肉体」 なんじゃないかなぁ。 滝澤然り、亜門然り、無論カネキくんもそうだし。 クロシロは自ら進んで移植を受けている特殊事例、特殊な理由 も安久家の事業の秘密が絡むのかも。 流石に人間体の時点で生命維持に必要な部分が大きく 欠損していたら赫包ぶっ込んでも生き返らないだろう。 ハイルとか期待さ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/01 13:44
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年6月29日ツイートまとめ
6巻も引っ掛かるとこがいっぱい。 なんでエトはカナエの目と口を縫い付けたんだろう… ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/30 19:50
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年6月29日ツイートまとめ及び補足
初読み時「違和感」を覚えていた部分の回収が後々行われるのが 『東京喰種』と言う作品。 何回読み直しても必ず「引っ掛かり」を覚えてしまうのだが、 その正体がその時点では解らない場面。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/29 18:43
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年6月28日ツイートまとめ
7巻の、四方さんの、決死の掌の皺が異常に好き。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/28 20:15
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年9月14日ツイートまとめ 
什造はリアリストなので、篠原さんがいつか目を覚まして元気になって 戻って来るとは思ってないのかもな、もう無理せずに「おやすみなさい」って 言ったんだろうな…自分が働くから、って。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/02 18:59
『東京喰種:re』のカラー絵の謎…12人いる!!!!!
『東京喰種:re』の4巻で非常に気になる所がある。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/22 23:52
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:什造編
東京喰種のwiki読んでて、物凄く気になる一文を発見。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/19 22:52
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:『:re』4巻発売!!!
※ほぼ実況感想の羅列 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/18 23:05
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年9月16日ツイートまとめ
什造の言い分が凄い解る。 什造にとっては許せない境界線越えてる嫌なやつなのに、 なんで篠原さんはそんな人間の味方をするような発言をするんだ、 って言いたいんだよね…その後の篠原さんの言葉は「全ての上司」のお手本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/16 20:34
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年9月15日ツイートまとめ
こうも『東京喰種』に惹かれるのは何故だろうか、なんでこんなに 何度も読みたいのか、布石の発見と言う意味合いもあるんだが、 登場人物全ての人に幸せになって欲しい、って願っている 自分がいるからなんだよ。 普段は「人間嫌い」って言われてるくらいの私でも、偽りなくそう思うんだよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/15 19:58
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年9月13日ツイートまとめ
『東京喰種』読んでいるとあまりにも滑らかなので、 その演出術に気付いてない場合がある。 舐めるように、とかオーバーラップさせて、と言うのは どんな漫画にも登場するだろうが、それが「演出である」と言う 顔をして出しゃばってないのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/13 18:37
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年9月12日ツイートまとめ
赫者のカネキから赫包を取り出したのがハイセ、と言う解釈だとすると、 無論赫者のクインケが作られている筈。 14巻で黒トランクが「はいせ…」と呟いている描写があるが、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/12 18:25
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年9月11日ツイートまとめ 
怖い・残酷・気持ち悪いと言うものほど見たくなるのは何故だろうねぇ… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/11 18:10
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年9月9日ツイートまとめ
クロナとナシロに出会った時に「玲」と呼ばれた時の什造の顔… 怖い(10巻より)。 この時点では、玲と什造の間で揺らめいていて、玲と言う名は やはり虐待の記憶に繋がる什造にとっては鬼門のキーワードなんだ… ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/09 23:33
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年9月8日ツイートまとめ
14巻は泣かずには読めないよ… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/08 15:25
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年9月7日ツイートまとめ
そして念願のがちゃコンプリを手に入れる… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/07 15:15
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年9月6日ツイートまとめ(什造を愛でる 他)
大事なミーティングが始まるやいなや、魂が彷徨い始める什造。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/06 14:58
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年9月5日ツイートまとめ
ヤモリを拷問したイカれた捜査官は、それでも「13区の情報を聞き出す為」 と言う名目で拷問を行っていただろう(アニメでは割愛されてた)… 少なくとも建前は。 ヤモリ自身がそう言っているし。 じゃあ、あなたがカネキくんに行った拷問は? 虐待の連鎖はあるだろうが、どう見繕っても「趣味」だよなぁ… ナキの存在がなければ、この作品で唯一心底嫌いなキャラになってる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/05 14:38
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年9月4日ツイートまとめ 
3巻の、亜門を足止めしようと初めて自分の意志で立ち向かう時の カネキくんの(僕だけだ)の時の、この心臓の辺りが白抜きになってる表現は、 喰種の「魂が宿った」のか「人間の魂が抜けた」のか、どっちなんだろうなぁ… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/04 14:29
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年9月3日ツイートまとめ
日常生活に喰種の恐怖が根付いているとしたら 「喰種撃退スプレー」 とか販売されてても良さそうだ。 人間の武器は効かないとは言え、一瞬目くらまし出来れば 逃げる数秒を稼げるかもしれない。 「Rc抑制剤」のスプレー版。 なぜ造らないか、それは庶民の生活に喰種の恐怖が 浸透してない証拠じゃないか…。 月山が廃人化して赫子暴走してる時に飲まされてた「粉」とかあるんだったら、 一瞬だけでも喰種を大人しくさせるものが存在する筈…。 東京に喰種が集まっているのは人間が多くて「行方不明」にな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/03 14:11
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年9月2日ツイートまとめ
什造はよくうまい棒食ってるよね(笑) 何味食ってんだろ(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/02 14:03
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年9月1日ツイートまとめ 
ナキもヤモリも顔バレしてるから仮面着ける気ない、 ガギとグゲは顔バレしてないからずっと仮面着けてたけど… 結局彼らの素顔は一度も描かれてないんじゃ…なんか切ないなぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/01 13:55
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年8月31日ツイートまとめ
グール小説版『空白』読書中。 文体は石田スイさんの世界観と全く同じレベルとは言い難いが、 文字通り「空白」の間の彼らの生活の一端が覗けるので(しかも公式で)楽しい。 ここまで手を出してしまうほどにハマっている、と言う事だ(笑) 読み返すたびに6巻で篠原さんに喰種講座聴いてる什造の この絵が浮かんでくる(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/31 15:16
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年8月30日ツイートまとめ
『:re』2巻目で、トーカちゃんは誰のお見舞いに来ていたのか。 喰種が人間の病院に入院してる筈がないし、再生能力高いから 入院する必要もないし…入院してもRc数値で喰種トバる可能性高いし。 瓜江たちと偶然会う為に来てたのか、となるとトーカちゃんは アオギリに関わる訳ないので元あんていく組もなんかしら動いている、 って事なのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/30 15:08
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年8月29日ツイートまとめ
ヤモリ一門の墓盗りがめっちゃ好みなんだけど!!! 喰種なのにクインケ使ってる様とか、男だよね?男で頼むよ!! と言うミステリアスさも含め…(第41話で瓶兄弟と関わりあり、 無性愛者アキラっぽいので女子かな…) と言うか、ヤモリ一門なのにナキいないけど、ナキどうなったんだっけ… 「ヤモリ一門」って文字が不穏すぎる… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/29 14:52
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年8月28日ツイートまとめ
「モグラ叩き作戦」ってどんな激戦だったんだろう… 絵で描いて欲しい!! 亜門があの激戦を什造が生き残った、として一種の畏怖を抱いてる 「モグラ叩き作戦」ってどれだけ怖かったんだろうか… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/28 14:34
高橋秀武の『スティグマタ-聖痕捜査-』はやっぱり面白い!!
高橋秀武の『スティグマタ-聖痕捜査-』1巻を読み直したんだけど、 これやっぱ面白いよ。 独特の絵柄も上手いし、残留思念を読み取って自分の肉体に 被害者が受けた傷を聖痕の如く再現させてしまう能力、 と言う能力に寄り添う朝子のパーソナリティーがいいんだよ… 僕にはこれしか出来ない的な… ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/28 14:20
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年8月27日ツイートまとめ
月山、美形やったんやなぁ… http://youngjump.jp/tokyoghoul/re/ (公式サイト) まあ、月山のやってる事は、記憶喪失の恋人に未練たらたらで 付きまとってるとしか思えないんだけど、悪意がないだけに 物凄くとんちんかんなんだけど愛おしく感じるよ。 「行かないではくれまいか…」と失意の底に落ちている月山のとこへ ホリチエ来てたんだなぁ、二人は親友だよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/27 14:09
『東京喰種』にハマった自分に対する考察H:reの3巻
自分の見方次第だと思うが『東京喰種』14巻中は、やっぱカネキくんが 如何に傷ついて闘っているか、つまりカネキくんが闘いで追う 「傷」の方にばかり目が行っていたが、『:re』はCCD捜査官側視点で 物語が進むことによって、人間と喰種が闘う時の「決まり手」の見せ方に 「人間が力を入れた場合はこう言う風に踏ん張る」と言う気持ちが 入っている描き方をされていると思う。 つまり「人」が武器を用いて喰種に向かっている、と言う部分の 人間としての力の込め方を意識して描いてある気がする。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/26 22:42
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年8月26日ツイートまとめ
ニシキ男前になってる!!って、よく見ると眼鏡外してんのね、 眼鏡外すと男前度が上がる顔だったんだー、と今さら気付いた 今日の午後… それこそ、羽生山へび子さんの『僕の先輩』は10や20じゃきかないくらい、 大袈裟でもなんでもなく、それ以上の回数を読み返している。 『:re』の1〜3巻も、この3巻分だけでも無限ループで何週目かは 回るくらい読んでるのに、まだ見逃しがある。 まだ…見逃しがあるんだよ… 全部気付こうと思うとノート広げてじゃないと無理。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/26 13:58
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年8月25日ツイートまとめ
有馬は半喰種化された(もしくは自分から選んだ)と私の中で 確定しちゃってるが(そうじゃないと辻褄が合わない事の方が多い) 有馬は選択を迫られたのか、クインケよりもいいものがあると そそのかされたのか、自分から「もっといい手はないんですか」と 上に進言したのか…どれが一番有馬っぽいかなぁ。 :reの1巻読んでると有馬に贔屓されている(どんな理由があろうと 気にかけていると取られかねない)と映るハイセへの態度が この辺りに隠されている気がしてならん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/25 13:50
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年8月24日ツイートまとめ
梟討伐戦完了の、ほんの束の間の勝利。 小さく什造もここにいる… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/24 13:41
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年8月23日ツイートまとめ
:reの35話で暴走した月山を鎮める為に飲ませた「粉」の正体って 何なんだろう。 よくよく考えると、再生能力を備えている喰種に人間と同じ医薬品が 必要とは思えないので「鎮静剤」じゃないんだろうけど… 喰種の世界に「医者」はいるんだろうか。 ヒナミの父親が喰種相手に町医者みたいなことをしていた、 と言う描写がアニメの方には入っていたが… 一体どんな薬剤が効くんだろうか。 自分で獲物を狩れない、つまりあんまり食にありつけない喰種は 怪我したりすると再生力が低いので、闇医者的に何かし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/23 13:37
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年8月21日ツイートまとめ
自分の前からいなくなったカネキくんの事を思って動いてた ヒデの胸中はどんなだったろうなぁ… 彼の事だから、闇雲に不安になるだけじゃなくて、色々動いて 何とかしようと知恵働かせてるのに忙しくもしてただろうが、 知ってたヒデは苦悩するカネキくんを想像する力も半端なかったろうから。 待ってろな、カネキ、俺が絶対助けてやるからな、って 強い意志で粘り強く動いてたんだろうな。 ヒデの精神力の強さはどこから来たんだろう。 引っ越したばっかり、と言う段階でぼっちのカネキに声かけて、 と言うく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/21 22:21
『東京喰種』にハマった自分に対する考察G
鯱が初対面のカネキくんを「リゼの匂いがする」ってだけで あそこまで痛めつけた理由が解らん… ここ、アニメ見てても「解放しに来ました」と言っている相手に 問答無用で叩きのめす鯱の態度はどうも解せない。 小童が生意気に挑んできやがる、的なだけじゃなさそうだし、 やはり「リゼの匂いがする」と言う部分になんかしらの 重要な意味があり、鯱の怒りを買ったのだろうと思われる。 喰種の世界でも「リゼ持ち」は忌み嫌われる存在、って 事なんじゃないかな、と思うんだが… と考えていると、色々と恐ろし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/18 22:19
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年8月16日ツイートまとめ
「がんばれ」は フラッシュバックが 言わせてる…(泣) #東京喰種川柳 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/16 13:22
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年8月15日ツイートまとめ
考察本欲しいけど(ネタとして読みたい)話が進むにつれて 情報としてその考察は古い、となるからなぁ… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/15 21:25
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年8月14日ツイートまとめ
あの角砂糖らしきものの製造方法もまだ解明されてない。 想像がつくだろう、って事だろうか。 砂糖に乾燥血液でも混ぜてるのかな、って最初は安易に 考えてたけど砂糖自体食べられない訳だから、 全体が精製されてない砂糖っぽい」加工してあるだけで 骨粉と乾燥血液固めたものかなぁ。 グールは肉は食うけど骨は残す感じするから、 罪悪感抱かず食べるには解体後の残りを加工したものと言うイメージ。 一体が手に入ると「肉」「骨」「血液」と分けて加工している気がする。 自力で食事(狩り)が出来ない喰種... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/14 21:34
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2015年8月13日ツイートまとめ
9巻でドナート・ポルポラが亜門に言った 「‟白ウサギ”より‟アリス”を追うんだな」 の意味が未だ解らんのだが、1巻のカネキくんのモノローグで、 アリスはカネキくんの事だと判った。 1〜9巻までの間に作者がなが〜いタメを作っている事になる。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/13 21:41
『東京喰種』にハマった自分に対する考察F
物語の主人公であるカネキくんに始まり、什造に来て、 正直私があまり関心が湧かなかったのが亜門である。 理由は色々あるのだが、その一つに亜門の喰種への 憎悪の「根拠が解りにくい」と言う事があった。 根拠はあるのだが、なぜ自分を食わなかったのか、だけで こうも喰種全体を憎めるものだろうか、と思ったのだ。 食われなかったから生きていられるという事は 考えないんだろうか、この男は…と思ってしまって、 カネキとの種族を超えた好敵手に対する友情の場面も 「好敵手」が得られた喜びを潜ませる闘... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/11 21:11
『東京喰種』にハマった自分に対する考察E
第14巻、隻眼の梟を倒すきっかけとなった一撃を入れた 什造の右足が切断される場面で、トレードマークの 赤のヘアピンが一本飛んで、XIII(13)がXII(12)と なっている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/08 21:01
少年の成長過程を見守るファタジーSF『土星マンション』
どこかで見た絵柄だなぁ、と思ったら気付かない内に 『しゃばけ漫画仁吉の巻』で読んでいた。 なんか「可愛いなー、この絵、可愛いなー」とひたすら 愛でたいような絵で、すぐに記憶に残った。 岩岡ヒサエの『土星マンション』、作者の漫画を がっつり読むのは初めてである。 設定はSFファンタジーだが、そこに描かれている物語は 天涯孤独な少年の成長物語だ。 絵柄はどこまでも優しいタッチなんだが、その癒し効果の 高い絵柄に包括されているものは厳しい現実であり、 ハートフルなエピソードでもある... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/04 21:37
表紙に釣られてもいいかも…『スティグマタ-聖痕捜査-』A
個人的に「痛い系」が好きな人間にはたまらない モチーフが散りばめられている。 物語の着地点がどう言う風になるのかは無論まだ 解らないが、朝子の「痛み」が想像できる人間には 目が離せない作品。 それに伴い、帯に描かれた「殉愛」と言う言葉が どこに向かっていくのかも興味深い。 殺人事件を主に扱っている訳だから、人間の闇の 部分を垣間見る部分も無論あるが『不能犯』などと 比べると、朝子が能力を使う訳、黒岩が朝子の 能力を完全に信じていると言う人間関係が 描かれている分、荒んだだけ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/28 21:13
表紙に釣られてもいいかも…『スティグマタ-聖痕捜査-』@
本屋にはたまに出かけなくちゃならんなぁ、と思うのは 平積みされている商品が目に止まり、気になる、 と言う出会いがあるから。 ネットで商品検索しても、通販サイトは手練手管を 駆使してくるので、類似品の紹介などをしてくれる訳だが、 購買傾向が似ているデータ主体で、あくまでも購買 データに基づいている訳だから、買い手の「心の隙間」などは 読み取れる筈がない。 そう言う、目に止まって勘が働いてなんか気になる、 と言う感覚は本屋に行かないと味わえない。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/27 21:09
腐れ縁とはどう言う事かが描かれている『アメコヒメ』。
COMIC BeとBABYから輩出される作品は 他のBL雑誌とは違い、ニュアンスでしか伝わらないが 匂いが違うと言うか、種類が違うと言うか。 BLであれ!!と言う縛りに捉われてないと言うか、 その辺で逆に何が面白いのか全く解らない作品も あったりするので、手放しでは全部読まない。 空気感押しだけで、雰囲気だけ流されても何も掴めない、 何を描きたいのか解らないだけの作品もある。 なので、ここから出る作品だからと言って全部に 手を出す訳ではないのだが、アンテナは立てている、 と言... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/16 22:12
上等な王様ゲーム…『王様ランチ』。
三宅乱丈を読んでいる… 前々から読んでいたが、漫画はBL中心に 読んでしまうので、一般漫画がどうしても 後回しになってしまい、『イムリ』も6巻まで 読んだ所で買うのを忘れていて、今、 慌てて読んでいる。 これがまあ、めちゃくちゃに面白い。 画力が半端ない。 『イムリ』は連載中なので、完結した時に 目一杯ブログに書き殴りたい。 それまでは、手元にある他の乱丈作品を 熟読する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/28 00:42
人としての記憶を与える親とペットの話…『ペット』A。
この作品を非常にBL的だと感じるのは BLとして描いている、と言う作者の意識が 全くなかったとしても、BLっぽい感じに とられるかもしれないくらいの司とヒロキの 密接した関係性、と言うくらいには描かれて いるから、当然読者もそれを感じとって しまうからだと思う。 彼らの関係の「絶対感」を表現するに 当たってBL的に深読みされても構わない くらいの濃度で描かれているんじゃないか、と。 BLっぽいと言われるかもしれないが、 BLを描いている訳では無論ない。 BLっぽさと言うモ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/21 22:39
人としての記憶を与える親とペットの話…『ペット』@。
闇雲に相手に信頼を抱寄せ、絶対的存在とし、 疑うことなく愛情を抱く者と、その感情を 一方的に向けられる関係性は実に BL的だと思う。 三宅乱丈は、精神的ホモじゃなかろうか、 と言う描き方を時々されるが、あくまでも 青年誌に描かれる漫画として作品を描いて いて、はっきりと男同志の同性愛である、 と言う描写は『秘密の新撰組」でホルモーン と言う薬の影響下に於いて精神面も女性的に 好かれたいと言う感情を持ってしまうのか そうではないのか、と言う描き方はあったが いわゆるBL的な... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/07/20 22:27
鬼灯のボケとツッコミ『鬼灯の冷徹』第7巻(限定版)。
そのキャラの性質から、すっかり思い込んでいたのだが、 鬼灯は「ツッコミ」だけじゃなく「ボケ」もやるのである。 自身がSであると自覚してないくらいの真性Sな鬼灯なら 突っ込む方が当たり前だろうと思っていたが、あの鬼灯が 「ボケ」るからこその面白み、と言うのにようやく気付いた 第7巻であった(笑) いや、今までもボケてはいたんだが、鋭いツッコミに 目が奪われていたんだろうなぁ。 初登場の弁慶に対していきなり手刀を喰らわせ、 弁慶の泣き所と言う言葉が真実なのか実証しようとするとか、 ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/02 23:38
非生産的な一年であった…
Twitterの魔力にやられて、その魅力に振り回された 2010年後半であったな(笑) しかし、今振り返ると、Twitterって「人見知り」を忘れられる場所、 と言う事に辿り着く気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/31 22:33
自分にないものを求め合う関係「さらい屋 五葉」。
完結したなぁ、「さやい屋 五葉」第八巻。 いつも好きな漫画が終わる時は何とも言えない寂寥感に包まれる。 物語の登場人物たちの新たな話が読めなくなると言う事と、 ひょっとして、こうじゃなくても良かろうものを…と言う 最終話を迎えるのではないかと言う不安が過るからだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/06 15:15
またもや寸止めか…「秘密-トップ・シークレット-」8巻。
死んだ人間の脳を映像化して見れる、それを見て犯罪を捜査する 第9を舞台に繰り広げられる物語…ってだけで面白いのだが、 ここに腐女子を萌えさせる要素も含んでいるのだが… やっぱり、清水玲子は、意識しながら書かないのか、そう言う風に 見てしまう読者を想定しながら愚弄しているのか… 最新刊の8巻巻頭の「特別編-一期一会-」は、明らかに青木は 薪さんが好きじゃないか… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/30 22:55
BLを飛び出したヤマシタトモコの新作。
新作出ないかな〜、と思っていたら、ちょっと肩透かし気味、 BLではなく、一般コミック枠でヤマシタトモコの新作出てしまった。 草間さかえもそうだが、BL枠にとどまらないんじゃないか、 と予感はしてたが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/07 22:59
「ハガレン」終わったな〜。
107話までは「どうやって全てに決着着くんだ」と思ったが、 最終回読んで、畳んだ風呂敷を見事に畳まれたな、と 感心しきりだよ、「鋼の錬金術師」最終回。 大団円かもしれないな、これは。 見方は色々あるかもしれないが、最終回読む前は、 また「新・鋼の錬金術師」とか始まるのかな、くらいに思ったが、 あり得ないのがよ〜く分かった(笑) そして、最初から最後まで「兄弟愛」の物語だったんだな、 と改めて思った。 詰め込み感が全く感じられなかったし。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/18 18:36
何とも言えない後味「犬・犬・犬」。
さそうあきらと花村萬月の組み合わせだけで、なんか凄いものが 読めそうだ…と思ったら、やっぱり、読後感がなんとも言えなかった。 引きずる…考えずにいられなくなってしまう。 マヒケンと呼ばれる、痛覚がなく、人間的な感情を持ち合わせてない 青年の物語なのだが、なぜこの男がこうなっているのか、 具体的に語られず、切れ切れのヒントがあるだけ。 いわゆる、生まれおちた時から人間的なものを持っておらず、 人を殺すのに後悔も抱かないし、自分の身も守らない、 そう言う「生まれながらの殺人者」の話な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/13 22:56
萌え処が多くて目が離せない「おお振り」。
三橋と阿部のバッテリー間もいいのだが、なんてったって、 阿部のシニアでのバッテリーだった榛名 元希との関係がまた… タマランもんがあるね。 三橋が「最低の投手だよ」と阿部が言い放つ榛名の存在を、 本当は阿部がちゃんとしたバッテリーを組んで試合をしたかった、 と見抜く所なんて…くぅ〜っとなるくらい、タマラン。 ここなんだよな、腐女子が拾い上げて妄想を広げて 萌え萌えするポイントは。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/05 21:52
萌え加速必至「おお振り」第10話:5回裏、2対5。
今週の「おお振り」は萌えたなぁ…萌え尽きた(笑) 漫画の方では13巻の話になるのだが、第10話「5回裏、2対5」だよ〜。 阿部が接触で膝の捻挫してしまう回。 元々、昔から「怪我をする」「痛がる」と言った場面に 何とも言えない、陶酔に近い喜びを見出してしまう性格(笑) まあ、怪我する本人に萌えられなければ発動しないけど、 あの、阿部だからねぇ〜、萌えない訳にはいかない(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/04 22:55
自分の内面だけを見つめ続ける孤独。
周囲に馴染めず、周囲の輪に入れず、 一人で行動し、喋るのも億劫で、「あいつは変わりもんだ」と言われ、 更に孤独を深めていく、と言う人種は、非常に理解しやすい。 今の自分はまだ社交的になった方だが、その本質は、 高校生の頃に「だれもかれもみんなバカだ」と、根拠のない傲慢さで、 他者を排斥していた10代のままであるのが、自分では解っているからだ。 その頃は、「たった一人が理解してくれればいい」と思っていた。 たった一人を自分は選んでいるのだ、と思っていた。 たった一人以外の人間と関わ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/13 22:38
太一が自覚、「ちはやふる」第8巻。
普段、本当に少女漫画は読まないのだが…「ちはやふる」、 面白いのなんの… 20代の漫画好きの同僚に勧めてしまったくらいで。 少女漫画に対して、恐らく私は偏見を持っているのだな、きっと。 萩尾望都、吉田秋生世代の人間なので、少女漫画の定義が ちょっと違うんだろうな、きっと。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/13 17:34
弥一の過去が…「さらい屋 五葉」第7巻。
手ぬぐい付を買ってしまった…「さらい屋 五葉」。 おまけの釣られて買ってしまうが、実際使うかと言うと… でも、タペストリーみたいに飾ってもいいな、と思うが、 すぐにヤニで黄色くなってしまうんあろうな… 4月からアニメも始まるそうで。 http://www.goyou-anime.jp/index.html⇒公式サイト 秋津政之助:浪川大輔 弥一:櫻井孝宏 おたけ:大浦冬華 梅造:高塚正也 松吉:内田夕夜 八木平左衛門:木下浩之 お絹:高梁 碧 ご隠居:宝亀克寿 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/28 22:28
左右の眼の大きさが違う真田隊長。
昔よく言った「しょう油顔」か「バター顔」か、どっちが好きかと 言われたら、圧倒的にしょう油。 特に黄色人種の美しい顔、と言うのに目がなくなった。 西洋人も美しいとは思うが、一重でも美しい顔、と言うのが この世に存在するのだ。 漫画はデフォルメされているから、特に少女漫画は 目がデカいキャラ=イケメン・キャラと言う記号があったりするが、 最近、日本人の顔の美しい顔、と言う描き分けをしてくれる漫画が 多くなったように思う。 そこで、「トッキュー!!」の真田隊長なのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/23 22:35
萌えまくり、「トッキュー!!」の真田隊長!!
前々から気になってはいたのだが気になってはいたのだが、 完結していて20巻もあるので、どうするかなぁ、と 思いつつ、読んで良かった「トッキュー!!」。 海上保安庁 特殊救難隊 通称「トッキュー」。 ジャンルは「め組の大吾」っぽいんだけども、 いやぁ〜、何がいいって、真田隊長!! 一発で惚れてしまった… ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

2010/02/22 22:56
ポストカードにして欲しい「バカ姉弟」の一枚絵。
このカラー原稿はPCのソフトで描いてるのかな。 それとも色ペンで塗っているのか、専門的な事は 素人なんで分からんが、色の使い方などが 「色ペンでスケッチしてみたよ、街の風景と子供を」と言う 感じが凄く出ていて好きだ、安達哲の「バカ姉弟」。 今、昔のビデオに録画してた「BSマンガ夜話」の 三浦健太郎「ベルセルク」の回を見ているのだが、 「バカ姉弟」、取り上げられたんだったっけ? やって欲しいなぁ、是非。 何で描いてるとか、いしかわさんが解説してくれるだろうし。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/11 19:56
私的「バカ姉弟」名場面。
ここ数日、何度も読み返してしまう「バカ姉弟」。 読み返して行くと、これは現代のおとぎ話と言うか、 古き良き昭和の時代を描いているんだな、と しみじみ思った。 御近所で子供の面倒を見、育てていた時代の。 今の親たちは、子供が怒られるとまるで自分が怒られたかの 様に感じるのか、逆ギレするので、誰も子供を叱らなくなる。 子供のうちに「叱られる」と言う事を経験せずに大人になった時、 仕事でちょっと上司に注意されただけで、まるで自分が 全否定されたかのように感じ、仕事に行かなくなったり ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/09 23:15
不思議な生き物「バカ姉弟」。
お金持ちのお子様な筈なのに、白いスエットシャツに ライン入りのジャージパンツと言う、双子の服装もいい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/07 23:07
双子の座敷童子「バカ姉弟」。
ずっと読みたかった安達哲の「バカ姉弟」。 ここ数日、ねいちゃんと弟のやり取りが思い出されて仕方ない。 携帯に写メ入れて、癒し効果を得ている… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/06 22:58
切り返しの早いボケツッコミ「パーム」シリーズ。
何年ぶりかなぁ、これ読んだの。 確か、高校生?友人がこれにトチ狂っていたんだけど、 その頃の自分の好きな絵柄の範疇を超えているタイプで (ひたすら耽美な絵柄が好きだった…) 話が面白いとしてもなんか抵抗あるな、と思って、 自分で買って読んだのは社会人になってからだと記憶している。 伸たまきの「パーム」シリーズ。 (改名して‛獸木 野生(けものぎ やせい)’となってるようだが、何故に?!) 今、1巻を読んでいる最中だが、これは好きだわ、と実感。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/28 15:32
「子連れオオカミ」の子供を愛でるヒトコマ。
宮本さんのあっくんと田所さんのチッチが、 子供ゆえの物怖じのなさからちゅっちゅやってるのを 大人の事情で引き剥がされるの図(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/27 22:09
男前なのにばか集団「もっそれ」。
今年は漫画漬けの年になるかな(笑) 南国ばななの「もっそれ」で初笑い、ってとこかな。 「ヒキ」はイマイチ怖くなかったんで、どうかな、と思ったけど 笑いと恐怖が紙一重っちゅうのが良く解る漫画家さんだ。 これ、CDドラマもあるらしいけど、どんなテンションで声優さんが演じてるのか 非常に興味がわく素材だなぁ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/17 15:59
墨絵の様なタッチがたまらない「竹光侍」。
松本大洋作品は2作目である。 映画「ピンポン」を見てから原作漫画を読んだ口で、 全く守備範疇になかった作家だったのだが、以降も それほど追いかけてはいないのだが…読んでしまった「竹光侍」。 とりあえず1巻だけ買ってきて…と思っていたのだが、 もう発行されてる全巻を今すぐ読みたい衝動に駆られただけだった… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/16 15:00
競技かるた、やってみたくなる「ちはやふる」。
年末年始の気忙しさから抜けて、何が楽しいって 連休が待ってたんだけど、必ず「旅行行くの?」って聞かれるのは 勘弁してくれ〜〜〜っ 私は旅行が好きではないのだ… 面倒臭い、早起きが嫌、電車乗るのも好きじゃない、 そして何より、自分のベッド以外で安眠できない… じゃ、連休に何するん?とか言う人もいるが、いっぱい する事はあるんだよ、自分の部屋の中でも。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/15 13:51
子持ち男子のBL「子連れオオカミ」。
隣同士になったバツイチ同士の子持ち男が どうやったらくっつくんだろうか、と言う現実的な疑問はあるが、 まあそこは酒に力を借りて、って、書くとリアルなんだけど、 まあ、普通の男子同士は酒に酔ったくらいで一線を飛び越えは しないだろうとは思うけど、急激に人間関係が凝縮されると、 「無くてはならない存在」くらいには容易になってしまうのは もしかしたら避けられないかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/09 14:59
今年も初っ端からBL三昧♪
萌えっちゅうのはやっぱり、即物的な表現ではなく、 シチュエーションに因るとこ大なんだな。 やっぱりエロは前後の流れや具体的な人間関係が 想像できなければ萌えないな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/08 14:32
「DARKER THAN BLACK」のコミックを読んだが…
「DARKER THAN BLACK」のコミック、期待して読んだのだが、 う〜ん…微妙だ 原作は岡村天斎なのだが、恐らく絵のタッチだろうな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/12/19 22:43
外道な読み方かも…「きのう何食べた?」
自分で料理をしない事もあり、実はよしながふみの作品ながら 「きのう何食べた?」、料理の場面は飛ばし読み… いつかきちんと読みたい、とは思ってはいるのだが… これ、お料理本でもあるよね、実際。 しかし、やっぱり中年ゲイ・カップルの日常の方が 読みたいもんであるから、料理の部分は… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/02 23:04
運命の相手は異性とは限らない…「秘密」7巻。
もう一度、6巻から読み直してみる。 清水玲子の「秘密-トップ・シークレット-」である。 青木は鈴木の脳の映像を見ているから、それに当てられて、 と言うか刷り込まれて、監察医の三好医師が好きなのかもしれない、 (亡くなった鈴木が三好の事を好きだったから)と疑いを持ちつつ、 彼女にプロポーズをしている。 三好も、望みのない、自分を振り向くはずもない薪警視正より、 鈴木に惹かれていってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/01 22:55
またもや寸止めか…「秘密-トップ・シークレット-」7巻。
清水玲子作品にはこれまで、「え?!」と大どんでん返しを食らい、 この「萌え」かけた心をどうしたらいいんだ、と言う思いを 散々させられている… 「月の子」しかり、「輝や姫」しかり。 「龍の眠る星」のジャックとエレナを描いていた人が こうなっちゃうか、としょんぼりしたもんだ… 美形は出るけど根っからノーマルで、あくまでも女の子が 主役、真っ当な少女漫画である、と言うスタンスは 樹なつみとダブらないでもない。 まあ、少女漫画誌に乗ってる漫画だから、当たり前と言っては 当たり前なんだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/10/31 19:10
「聖☆おにいさん」から「ブッダ」へ…
正直、3巻は1、2巻の面白さには及ばない、と言う感じがして、 恐らく2、3回しか読み直してない。 よくよく考えると「聖☆おにいさん」って、パロディ漫画でも ある訳なんだな、イエスとブッダと言う偉人の。 そっか、やっぱりネタは尽きるもんなのか…と思っていたら、 4巻で更に、ギャグに拍車がかかっている… ブッダとイエスの逸話を知らなくても読めるとこが この漫画のみそだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/30 17:08
小説版「トーマの心臓」を読むぞ!!
萩尾望都の「トーマの心臓」を読んだのは、 実は結構成人以降だった。 「ポーの一族」を高校生くらいで読んだかなぁ。 萩尾先生の偉大さに気付いたのは意外と遅かった。 「メッシュ」から好きになったと自覚している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/26 21:52
BSマンガ夜話でオノ・ナツメが…
オノ・ナツメの「リストランテ・パラディーゾ」を取り上げるなんて、 やっぱり「BSマンガ夜話」はメジャーとマイナーの中間を よく心得ている(笑) 私もいしかわじゅんさんと同じで、Basso名義の「クマとインテリ」から 入った口だったと記憶しているが、まずはその木炭で描かれたような 線に魅了された。 番組では「習字」っぽいとも言われていたが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/22 22:32
萌え男子がたり、なんて美味しそうなタイトル(笑)
こんなムック本が出るそうな。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/16 22:46
知人に激似のイモトアヤコ。
もう凄く似ている… 普段は仕事の休みが入らない日曜日に、 扁桃腺から来る発熱で早退した時、何とはなしに テレビをつけたら映っていたイモトアヤコ。 http://blog.watanabepro.co.jp/imotoayako/index.html ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/08/30 22:34
フジヲくんのいじらし処「ビアティチュード」。
萌え処を押さえてくれる漫画「ビアティチュード」。 2巻が楽しみだ…早く読みたい!! 早く新刊が読みたい、と切望する漫画って、 最近少なくなってきた中、これはいい!! フジヲくんがとにかくいじらしい… 最近、「いじらしい」と思えるものに萌え死にそうになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/15 22:28
やっぱりいじらしいあっくん「flat」2巻目。
やっぱ、何とも言えずいじらしい…あっくん。 いや、本物の子供、苦手なんだけど(苦笑) いじらしいとは思うものの、やっぱ自分で子供欲しいとは 思わない所が筋金入り(笑) ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/03 23:14
尽くす姿がいじらしすぎ「ビアティチュード」。
やまだないとの漫画は初めて読んだ。 今まで何となく気になってはいたし、よしながふみの 「あのひととここだけのおしゃべり」にも登場していたので、 いつかは読んでみようと思ってはいたのだが、 自分基準の「萌え」とは違う所で「面白い」漫画を探すのは 結構勇気がいる。 やっぱ「萌え」が欲しいなぁ、と思ってしまう可能性があるから。 そうすると純粋に作品が面白いかどうか、偏った目で 見てしまうからなぁ。 腐女子の邪な部分はここだよなぁ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/07/27 15:10
ブラック小姓さん・森蘭丸の「小姓のおしごと」。
「美しいって、罪❤」の帯通り、自覚してしまったものは無敵(笑) あの織田信長をメロメロにさせてしまう、 ギャグ・テイストの蘭丸が活躍する漫画「小姓のおしごと」、 笑えるわぁ… 笑えるけど、蘭丸にいじめられ続ける弟の坊丸が 苛められ過ぎてて、逆に可愛く思えてしまうし。 ドSッぷりをここまで見せられると、清々しいもんだ(笑) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/09 23:11
口の描き方が好き、オノ・ナツメ。
「さらい屋 五葉」が断然面白くなってきた。 6巻で弥一の過去が明らかになっていくにつれ… 浪人の政がその飄々たる立ち居振る舞いに羨望の 目を向けている弥一の過去が。 政が言うように、過去を背負っているからこそ、 空気のように悠然と構える術を身に着けた弥一。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/12 20:54
馬鹿な殿ほど可愛い「殿といっしょ」。
日本史および歴史に疎い私でも爆笑できる、 大羽 快の「殿といっしょ」、おもろいわ〜(笑) 特に、眼帯に異常な執着を見せる伊達政宗。 こんな天然ボケの上司の下にいる部下(家来)って、 ある意味で、そのボケを突っ込む事が最大の仕事かも(笑) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/04 21:53
日常に溶け込む人魚の話「光の海」。
小玉ユキって漫画家の名前を最近よく目にするようになった。 少女漫画誌に載っている漫画はどうしても後回しになると言うか、 少女漫画って言うジャンルが好きなわけでなく、漫画が好きなので、 傑作に気付かない場合がある。 吉田秋生や萩尾望都作品はアンテナ立てているんで 自然に読んでいるのだが、新しく出てきた作品には全く疎い。 ダ・ヴィンチで情報を仕入れるのが精いっぱい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/07 22:43
ブッダとイエスの下界珍道中「聖☆おにいさん」。
「聖☆おにいさん」の3巻目が発売。 列車に乗ったブッダとイエスの表紙絵もさることながら、 こんなにタイトルと作者名の小さいコミック、 初めて見た気がする(笑) 平積みされてたら、表紙だけで何の本か、解るもんなぁ、 タイトルなんて読まなくても。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

2009/03/29 23:00
風呂敷畳むの早すぎ「デス・スウィーパー」。
きたがわ翔の「デス・スウィーパー」、全5巻で完結とは… 美味しい題材、美形キャラ、自殺者の出た部屋の実態、 人間の心の闇、と、てんこ盛りのパーツが揃っていながら 5巻で終結とは…無理やり終わらせたと言うより、 本篇がパーツに負けた、と言う印象。 主人公の岡崎裕行の出来の良かった筈の兄が自殺し、 その自殺現場を目撃する事によって清掃・遺品整理会社 スウィーパーの存在を知り、兄の死を理解するために その世界に足を踏み入れる、と言う導入部分からへヴィーなのに 上滑りで終わってしまった... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/12 15:15
美への執着は誰のもの?「ヘルタースケルター」。
外見の可愛さや美しさって、一体誰にとっての価値なんだろう。 そう言う、誰もが一度は考えたことのあるものではなく、 作者の岡崎京子さんは「一人の女の子」を描きたかっただけだろうが、 この作品を読んだ女子誰もが同じ結論に達するとは思えない。 そこが凄い。 読んで尚、そんな手があるのなら、私はもっと上手くやる、 と思う者もいれば、やっぱり作りものには裏がある、 今の自分でいい、と思う者もいるだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/09 17:21
よしながふみ的父子の風景「こどもの体温」。
よしながふみの世界はやさしい。 優しいけど、単純ではない、単純ではないけれど、 変に小細工がない。 これを読んで癒されて、と言う媚びた所が見えない。 やさしさは時に残酷でもあり、反感を買う元であったりする。 私はそう感じる時がある。 限りなく誰にでも優しく出来るのは、相手に対して 責任感を感じないからだと思っている。 いつもニコニコ笑顔の絶えない人は、恐らくそうする事で 過去の過ちを教訓にしていると思っている。 誰にでも好かれた方が楽なので、笑顔の仮面を張り付けている。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/03/08 16:50
忍耐児童あっくんの名場面。
青桐ナツの「flat」、いいなぁ。 何がってもう、癒し効果高し!! あっくんのいじらしさに触れたいが為に、何度読み返した事か… ヤマシタトモコの「くいもの処 明楽」に目を通してからでないと 出勤する気にならなかった日々に似ている…(笑) 子供好きも、そうでない私みたいな人間にも ほんわかした気分を味あわせてくれるあっくん...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 5 / コメント 0

2009/03/07 16:42
先着100名で当たりました、浦沢直樹ブックカバー。
最近本屋巡りを殆どしてない。 ジュンク堂に入ったら2時間は出て来なかったけど、 ネット通販で欲しい物の殆どが手に入るので、 本屋に行くのはもっぱら毎月買ってる雑誌3冊を 発売日に買いに行く時くらいになってしまった。 最近利用回数が多いのがHMVのネット通販。 DVDやCDだけじゃなく、書籍類も買えるようになったし、 店頭で作っていたポイントカードが連動していて、 ネット購入分も自動加算されるので、 書籍を買う時にもたまったポイントが使えるのは嬉しい。 古本は別として、本を割引... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/04 15:38
我慢強いあっくんがいじらしい「flat」。
コーマック・マッカーシーの「ザ・ロード」以来、 何故か子供が登場するものに目が行く。 とは言え、生来の子供嫌いが治った訳じゃぁない。 「ザ・ロード」に登場した少年があまりにも可愛らしかった為、 こう言う子供のいじらしさって、お話の中なら触れられるんだな、 と思ったからに過ぎない。 現実の子供はやっぱり我慢しないし、どこでも泣きわめくし、 どんな場所でも我儘が通ると思っている。 我儘は通らないもの、と言う事を母親が教えない。 泣かれると言いなりになっている母親の姿を 何度も、毎... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 0

2009/03/02 22:40
荷物が多いのは長女のせいらしい…と「河よりも長くゆるやかに」で知った。
出勤するだけで、結構大荷物を持って行ってしまう。 どこへ行くにも軽装で行くのに抵抗がある。 吉田秋生さんの漫画「河よりも長くゆるやかに」の中で、 主人公のトシが好きな、ちょっと突っ張った女の子が、 長女だからどこへ行くにも荷物が大きくなる、と言っていた。 何故か。 それは、小さい頃から、年下の弟や妹の面倒をみる為に、 色んな事態を予想して、あれもこれもと詰め込むから、 と言う意味だと思う。 一年に一回も使わないかもしれなくても、もしかして…と思うと どうしても入れて置きたくな... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 0

2009/02/25 23:32
アニメ化万歳??「リストランテ・パラディーゾ」
オノ・ナツメの絵のタッチはアニメで表現できるとは思えないが、 シンプルな絵なので、線のタッチは再現できなくても、 アニメ的に描くことは可能なのかもしれないけど。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/02/20 22:47
一番読んだ漫画「よつばと!」だったなぁ。
今年一番読んだ漫画は、BLではなくあずまきよひこの 「よつばと!」だったんだよなぁ。 何度も読み返したくなるのは、よつばの突拍子もない 無邪気な姿を見たい、と言う欲求が湧き上がってくるからだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 8 / コメント 0

2008/12/29 19:24
羽海野チカの孤独な世界。
羽海野チカはきっと、思春期に周囲に馴染めず、 教室の中で孤独と戦ったことのある人間だと思う。 「ハチミツとクローバー」と「3月のライオン」の主人公二人は、 どちらも、いじめにあったりしている訳ではないが、 人付き合いにおいて、周りから孤立しているが、 それで「死のう」とか「いなくなりたい」と思っている訳でもない。 ただ、集団の中に入っていけないのと、元来、 孤独である事の方が心が安らいでしまうんだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 3 / コメント 0

2008/11/28 14:36
ヤマシタトモコの新刊。
ヤマシタトモコの新刊「恋の話がしたい」が出た。 店に書店に行ってみたが、発売間もなくと言うのに店頭にない… 新刊くらい、ちょっと冊数多めに置いといてくれよ〜(泣) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/18 22:22
河川敷に住む人々に笑わされる…(笑)
「聖☆おにいさん」がツボにハマって以来、気になって仕方なかった 中村光の「荒川アンダーザブリッジ」、大人買いしちゃったよ〜。 とりあえず1巻だけ読んでみよう、なんてセコイ事はしない方がいい、 と言うのは「モリのアサガオ」で思い知ったしな(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2008/11/02 23:05
究極のBL作品「モリのアサガオ」。
決して、いわゆるBL作品として捉えているのではない。 上手く言う言葉が見つからないので、便利な記号を使うまでで、 BL大好きの作家・三浦しをんさんが号泣、と帯に明記してあるように、 BL好きは絶対に読んで損はしない!! いや、むしろ読んで欲しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2008/10/19 21:08
モリのアサガオ、熱病に取りつかれ…
1巻を読んでしまったことで加速度が増す… もう、読むしかない、こう言う気持ちは突然訪れる。 いつでも歓迎する、「読みたい」と言う、本読みの性とも言うべき 欲望である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/10/14 18:09
モリのアサガオ。
手に入らないと判ると、人間は希求する気持ちが大きくなる、 と言う身勝手な欲望とつき合って、やっと通販で手に入れた。 ダ・ヴィンチでも大きく取り上げられていた、柳 広司の「ジョーカー・ゲーム」。 店頭に在庫がある時期に手に取って拾い読みしていた時には 「文庫になってから買うか」と棚に戻した一作。 正直、「売れてる」とか「今年のNO.1」とか言われると、 触手が引っ込むのだ。 読みたい本は自分で選ぶ、と言う自負心と共に、 売れてる本は文庫化される確率が高いので、 現在、本の収容力の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2008/10/13 17:40
よつばは可愛いな…
「よつばと!」新刊でたー! なんか、読んでると、「何かしよう」って気になるんだよな。 よつばの、何でもない事でも楽しんでる姿みてると、 机の前に座ってる場合じゃない〜、って気になる。 やっぱり、よつばに似た奴、知ってるよ〜(笑) どんぐり拾いで連発していた「すてきすぎる」と言う台詞、 私の知ってる「よつば似」の奴は、「素晴らしい」と言う言葉で 表現していた。 仕事中に、その出来栄えに対して「素晴らしい」なんて言う単語を 使う人間がいるのか、と驚いたもんだ。 根っから素直なヤ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2008/09/12 18:10
聖なる二人のおにいさん。
中村光の「聖☆おにいさん」を読んだ。 絶対当たる、と言うか、私のツボにハマる、と言う自信ありだったが、 やはり当たった、勘は錆びちゃいなかった 二人の人間が立っている表紙のパターンは、ヤマシタトモコの 「くいもの処 明楽」と非常に似ているのだよねぇ。 これがキリストとブッダって大きな違い以外は。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 5 / コメント 0

2008/07/23 16:53
リアルよつば。
あずまきよひこの「よつばと!」、おもろいわ〜 おもろさに拍車を駆けるのが、リアルよつばの存在よ… とは言え、リアルの子供のよつばを知ってるんじゃなくて、 あいつの子供時代はこうだったに違いない、と思えるような子を 知ってるんだよね〜。 もう、よつばの言葉一つ一つがハマる。 ある意味、ヤツの方が凄い。 もう30になったかな、でも、喋り方、マジでよつばに似てる(笑) ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

2008/07/17 23:15
絵を描く。
「バガボンド」にハマり…井上雄彦の「WATER」、 画集を買ってしまいました 圧巻… 作者渾身の、と言うよりも、頭の中でこう描きたい、 と言うイメージが、ほぼ忠実に自分の技術で描ける、 そういう作者の喜びが溢れている作品に思えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/23 21:55
無垢者の色気。
俄然、小次郎登場の14巻から面白くなっている。 「バガボンド」、いいなぁ。 13巻の辻風黄平の話も泣けるのだが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/04/02 18:14
「小次郎、敗れたり」まで。
評判の高い、玄人が手放しで褒める作品には、実は敬遠する傾向がある。 思えば「スラムダンク」もそうだった。 友人に勧められながらも、頑なに暫くは手を出さなかった。 同人誌で「やおい」漫画が描かれまくりの漫画ってのが、 あまり好きではなかったんだな、コレが。 その作品自体が嫌いと言うのではなく、オリジナルに群がる同人マニアが、 自分勝手に曲解して、およそ原作の意図とはかけ離れたものを描いてる、 そう言う流れが受け付けなかった。 「ドラゴンボール」の悟空とピッコロの間に子供が出来るとか... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/04/01 15:43
鬼畜・弟。
双子の兄弟ってだけで「萌え」要素が高いのは何故なんだろう。 それが一卵性だった日には…多分、私の中に刷り込まれたものが あるからなんじゃないかと思うが、その「刷り込み」をしてくれたのが 森脇真末味の「ブルームーン」と言う作品だった。 英一と英二の、戸籍を持たない双子の話は、読んだ途端、 暫く私の頭の中を占拠し、留まり続けた。 英一の意地悪をするぞ、と意識して意地悪をする時の、 本当に小憎らしい微笑みが脳裏から離れなかった。 ああ言う表情を漫画の絵から読み取れると言う事が凄かった。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/03/19 17:09
エロ漫画とBLの区別。
昔々、男同志の漫画や小説のネタを仕入れるのには、 JUNEと言う「耽美系」の隔月発行の雑誌を読む以外に手段がなかった。 一冊¥750もするその雑誌は、バイトもしていなかった高校生の私には 実に高価な買い物だったのだ。 街の大型書店でしか手に入らなかったので、街の高校に通う同級生に 買ってきて貰わなければ、電車賃と言う更なる出費をして 手に入れなければならない代物だった。 今、JUNEはない。 代わりにコミックJUNEと言う、Hがハード、と言う漫画を集めた雑誌に 変化してしまった... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2008/03/07 20:04
BL読み漁り。
コミックJUNEやBOY'S LOVEに食傷気味で、最近の物には 手を出さなくなってきてたんだけど、色々と久々に読んでみた。 立て続けに読むと流石にお腹いっぱい、と言いたい所だけど、甘い。 読めるけれど、一場面が心に残ったり、時間を置いて反芻出来たり、 そう言うものが非常に少ない。 質より量、と言う気がしてならんのだけど、一様に皆、 絵は物凄くこなれていて上手い。 話も、ソコソコに出来上がっていると思う、思うが、 何度も手に取り読み返したい衝動に居ても立ってもいられなくなる、 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/05 18:48
今更よしながふみ。
よしながふみと言う漫画家に出会うきっかけを作ってくれた 友人に心から感謝したい。 以前も書いたけど、私が手を出さなかったかもしれない漫画だからだ。 友人が「大奥」の1巻をくれなかったら、読んでいなかっただろう。 実はその友人には「フラワー・オブ・ライフ」の1巻も貰ったのだが、 その時は実は「ハマらなかった」のだ。 いや、少しは良いな〜、と思ったんだけど、私は基本BL系でないと 余程じゃない限り「自分で買わない」のがルールなんだな。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/03/03 16:55
元祖ぽっちゃり王子。
正しくは王子じゃなく、マリネラ国王なんだけど、 久し振りに「パタリロ!」を読んだ。 「花とゆめ」を愛読していた中学の頃からの付き合いで、ずっと コミックスを買い続けていたのだが、巻数が増える度に、 1巻から並べておけるスペースのない事に圧迫感を感じて 一度は古本屋に売ってしまったのだが。 (「ガラスの仮面」の愛読者は、こう言う威圧感と言うか  切迫感と言うものは感じないんだろうか…) 今やすっかり尋常ではない巻数に達しているこの漫画、 当時は、今で言う所のBLマンガとは比べ物に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/03/02 17:02
大御所の衰退。
漫画は大好きだが、やはり好きな作家となると、10代の頃に読んでいた 漫画家に落ち着いてしまうのが現状だ。 その頃から今も現役で描き続けている人もいる。 吉田秋生作品は、映画化されたりして、 今の漫画読者にも十分に受け入れられているようだ。 長く描いている人の作品を読んでいると、絵のタッチの変遷が見られる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/10 17:28
鈴木くんと佐藤くん。
数年前に古本で売払ってしまった漫画を、久々に読む機会に恵まれた。 売ってしまった時に消化してしまった作品だが、 久々に読んで、やっぱり面白かった。 奥浩哉の「変-HEN-」。 コミックスを発売待ち遠しく買ってた頃は、男性作家が 所謂、男の子同士の恋愛ものを描くのが大変珍しかった。 今でもまだ珍しいか(笑) 当時、夢中で読んでいたのに、最終話に向かうにつれて、 「違うんだよな〜」と言う気持ちが大きくなって、 最終巻まで読んだけど、即効売り払ってしまったのだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/01/09 22:43
モチベーション下がりまくり。
家では仕事の事を一切考えないようにしている。 数年前までの私はそうではなかった。 家に書類を持って帰り、明日の仕事の段取りを考え、 下準備し、仕事に行っていた。 だから仕事場ではテンション高かった。 何事に対しても前向きでいようと思って仕事していた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/12/15 23:13
育ちの良さの中で生まれるイノセンス。
パソコンの液晶画面で漫画を読んでいると、 異様なまでの肩コリと頭痛に襲われる… 常備薬の鎮痛剤の減りが急激に早くなったんだけど、止められない(泣) フォト・ギャラリーを一枚ずつクリックして次のページに進むのが 何とももどかしくもあったりするんだけど。 多分、この右手をずっとマウスの上に乗せていると言う姿勢が 肩のこわばりを引き起こしているんだろうな。 それにしても、パソコン一つで私のとっての娯楽が 全て賄えてしまう、と言うのは恐ろしいもんだな〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/01 16:42
少女漫画の王道。
「ハチミツとクローバー」を見ていて思い出されるのは、 いがらしゆみこの「キャンディ・キャンディ」。 キャンディが恋するテリーと言う不良少年と、女優との3角関係だった。 はぐちゃんと、森田と、修ちゃん。 男女の数が違うが、構造は全く一緒。 一人の女・男を後の二人が取り合い、誰かが切ない選択をして、 誰かを選ばなければならなくなる… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/30 22:56
ハチクロ。
今更ながら、「ハチミツとクローバー」を読んだ。 実は少女漫画が苦手だ。 少女漫画の「王道」ってヤツが我慢できないのだ。 自分の中に「少女」と言う部分が欠けているからかもしれない。 なんせ、思春期真っ只中の「少女時代」に、 すでに「なにゆえ男に生まれなかったんだろう…」 常にこの言葉ばかりを抱えて生きていたからだ。 性別が男であれば「あれも出来る、これも出来る」と、 不可能な幻想ばかり追って、妄想ばかりを繰り返していたので、 自分の中に純粋な「少女時代」と言うものが存在しない。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 1

2007/11/28 15:15
作られたキャラクター。
実話の、ちょっとオリジナル・テイストを加えて、 新しい物語を作る、と言うのは、その実話や現実に存在していた 人物などに対する「崇拝」や「畏敬の念」や「憧れ」から生まれる、 一種、ファンがオマージュとして捧げる美しい物語かもしれない。 が、それが、事実を勝手な妄想で捻じ曲げた、 悪く言っちゃうと、いわゆる「パロディ」の範疇でしかない、 そう言う程度のものもある。 線引きが難しいのだが、多分に 「実在の団体や時代背景にオリジナルのキャラクターを混ぜる」 と言う手法を取った時に、その... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/11/15 15:22
伊賀くん。
本を売ろうと思って整理を始めているところだが、 これがまた曲者で、始めると「やっぱ最後に…」と、 読み始めてしまう癖がある。 小説はそうそう読めるものじゃないんで、 読んだ時の「読書日記」に書き込むとして、 (気に入った文章のページだけメモって置いて、  その文をそっくり写しておく) 漫画は、読めるもんだから読み始めてしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2007/10/11 17:26
今、一番欲しいもの。
パソコンを買って、机周りの環境が変わって来た。 私の部屋の中心は、パソコンが乗っている机周りで、 この環境が変わると言うのは、ちょっと慣れるのに時間がいる。 以前のパソコンはノート・タイプだったので、畳んでしまえば 全く威圧感の無い、地味な存在感だったのが、 デスクトップ型に変えると、キーボードが畳めるタイプではあるが、 ディスプレイが大きくなったので、なんとなく、 机一杯を占領している感じで、何が困るって、 手元に灰皿が置けない、と言う事だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 1

2007/10/05 22:31
子供の仕草。
子供が苦手である。 自分の子供が欲しいと一度たりとも思った事もない。 子供が純真無垢とも信じてない。 子供は、経験による知識が少ない分、 無知であるが故に、無垢に見えるものだと思っている。 どんな人もやってくるお店と言う職場にいると、 うるさい子供や悪戯をする子供、走りまわって迷惑極まりない子供、 そう言う、親が叱らないため、しつけの出来てない子供を 毎日の様に見るので、元々子供が苦手だったのに拍車がかかってしまう。 2歳くらいまでの子供は、見るといじらしいと思うが、 それを... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/26 13:43
苦悩する姿。
取って付けたような苦悩と言うか、とりあえず、 こう言う主人公が成立する為に付け足したかのような苦悩、 と言う感じが拭えない… 「デスノート」の夜神 月と言う主人公がどうも好きになれん。 全てがゲーム感覚と言うか、実感が伴わない。 この主人公には共感が持てない。 頭が良い人間とはこう言う事まで考えているのだ、 と言う、ある種の「実験」、「理想」を描きたいがための 舞台設定があるだけで、作者の、物語に対する愛情が あんまり感じられないんだけど。 全てはマインド・ゲーム。 物語... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/31 14:03
辿り着くまでの高揚感。
よしながふみの「ジェラールとジャック」、 没落貴族の子供で、借金のかたに売られたジャックが 娼館で初めて取った客が、官能小説を書く金持ちのジェラール。 萌えには色々あるが、ダメよダメよも好きの内、 の「ダメ」の部分が本気でない手合いは、萌えない… そう言う意味でこの作品は萌え度が非常に高い。 ジャックが、性に対して未成熟であり、 本当は誇り高い身分でありながら売られてしまう身の上で、 初めての男となるジェラールは根っからの貴族嫌いと言う、 一見、かみ合わない者同士の運命的な出会... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/08/24 15:02
殺し屋もの。
漫画が文庫化されるのは大歓迎だ。 新書サイズは大きくて綺麗で豪華だが、いかんせん場所を取る。 文庫サイズになってから読もうと常日頃から思わないでもない。 白髪は増えたが老眼にはまだ間があるので、 小さい紙面も苦にならない。 「殺し屋イチ」は映画にもなったし、友人も面白いと言ってたので、 まあいつかは読んでみるか、と思っていたのが、 現在文庫サイズで3巻まで出ている。 お小遣いがピンチになればなるほど本を買いたくなる。 もうこれは、性癖に近いくらいの衝動だ(笑) やけくそになっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/02 21:15
食わず嫌い。
異動直前と言う事と、「母の日」セールに突入で、 実に落ち着きがなく、仕事で急かされるので、 プライベートな時間も、「この山を乗り越えてから・・・」と 我慢の体制に入ってしまう。 春から、ビデオ録画するものが格段に増えたが、 じっくり見る余裕もなく、とにかく、 「これが終わってから・・・」と言う気分が拭えない・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/04/28 22:27
諸星大二郎〜(もろぼしだいじろぉうぅ〜)。
旅番組が好きというわけでもないけど、ついつい、寝つきが悪いと 深夜のNHKをぼんやり見てしまうんだけど、 田舎の風景の中で、アニメやマンガで見ているのとは違う、 色彩の鮮やかさと言うか、リアリティと言うか、 そう言うのに驚く時がある。 心の中で、何故か、昔の風景は「淡色」だ、と思い込んでいるからだ。 日本の昔の風景が描かれるマンガで、 諸星大二郎の「暗黒神話」などがある。 この人の絵柄の独特な黒い雰囲気が強烈に頭に入ってるので、 その土地に行くとそう言う「おどろおどろしい」雰囲... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2007/04/18 20:38
小説のリズム。
昨日に引き続き、「百鬼夜行抄」絡み・BS絡み。 作家の夢枕獏さんが、「あしたのジョー」「百鬼夜行抄」の2作品共に 「BSマンガ夜話」で取り上げられた時、ゲスト出演してて、 ソフトな語り口で熱いファンぶりを披露してくれた。 刊行のひどく遅い「キマイラ吼シリーズ」の新刊を ず〜と辛抱強く待ち続けている夢枕ファンとしては、自分の好きな作家さんが 自分も好きで読んでいるマンガを同じように愛読しているのは 非常に嬉しいもんである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/04/12 22:47
四季折々に妖魔あり。
飯嶋律は、いわゆる本家の跡取り息子だ。 妖怪が体を乗っ取っている父に代わって、一家の大黒柱的役目を 果たさなければならない立場にあるけど、この飯嶋家は、 残された女たちが意外に強いので、 大黒柱としてしっかりしなければ、しっかりしろ、と言う 教育を受けないまま育っているので、頼もしさはあんまりない。 スピード狂のおばあちゃんは元気だし、 一見おっとりして見える律のお母さんも、実は芯の強い女性だ。 お釈迦様の掌の上で転がされている孫悟空のように、 女性達の手の中で守られて、やっと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/11 22:29
ピンと来た!!
創刊号から買い続けている雑誌が「ダ・ヴィンチ」。 本の為の雑誌が出る!!と、かなりの期待を抱いて買い始めてから 何年になるやら・・・ アンケート葉書もマメに書いたりしていたが、 懸賞運のイイ私だが、ダ・ヴィンチとは合わないらしく、 創刊号から数冊後に「雑誌を12冊収納できるバインダー」が一度当ったきり、 プレゼント応募にはほぼ100%の確率でフラれている・・・ 「欲しいな〜」と欲の皮が突っ張った瞬間に、 運は逃げていくものなのだろう、宝くじと同じだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/29 22:41
百鬼夜行抄。
ドラマ、こちらでは放送されてないけど、 友人がビデオを送ってくれたんで見ることが出来た。 原作に思い入れが深いほど、 実写になるとケチを付けたくなるもんだが、以外にも、 律役の細田よしひこには特に感想もなく・・・ むしろ、脇キャラのキャスティングが目に付いて仕方なかったなぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2007/02/18 22:31
霊感はありますか?
平成16年から伸ばしっぱなしで、 長さは腰までになっていた髪を切った。 心境の変化は特になし。 美容院に予約の電話を入れる気になっただけ。 髪が多く・硬く・太いの3拍子なんで、 自分の髪質が大嫌いだ。 だからあまり手を掛ける気にならず、伸ばしっぱなしが楽なので いつも「ロング」のイメージを持たれる。 鬘が出来るくらいの量の髪が切り落とされても さっぱりした、と言う気分しか湧かない。 今はとにかくシャンプー・タイムが劇的に短くなり、楽!! 泥パックをしたり、塩マッサージした... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/02/06 22:53
清水玲子の世界。
「竜の眠る星」以降、女史の漫画は欠かさず読んでいる。 が、手元に残っているものは少ない。 「月の子」は、すでに知り合いにあげてしまった。 アートとジミーのままごとのような共同生活が凄く好きだったんだけど、 ジミーが女の子になってしまった辺りで、 「ああ・・・ダメだ・・・」と思うようになってしまった。 結局、ジミーが最終的に男の子を選ぶか女の子を選ぶかが見たいが為に (男の子のままのジミーをアートは選ぶと信じて・・・) 完結まで読んだが、読んでしまったら「もういいや」となってしまっ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/11/11 22:23
JUNEっ子と腐女子。
誰がこの言葉を作ったのか知らないけど、 「腐女子」って・・・まあ、気持ち悪いだろうな、 サッカー選手やタレントを見て、 「BOY’S LOVE」の世界を妄想している女子なんて。 中には「怪しげ」な雰囲気を本当に醸し出してるカップリングもいるが、 その殆どは「そう思いたい」人間の、正に「妄想」だろう。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/09/10 10:00
萩尾望都と吉田秋生。
ここまで、結構ちゃんと書いてるのが嬉しいな〜、 日記は続かないと思っていたのに。 大体、昔から続けている事って多くない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/09/09 21:50

トップへ | みんなの「漫画」ブログ

ことぶき猫玉日記 漫画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる