ことぶき猫玉日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年3月15日「:re 90話」滝澤の真意

<<   作成日時 : 2017/03/15 21:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

亜門は、滝澤が「成功体」になり得るが為に、簡単なカネキくんの
作り方と称して、滝澤にとってはそれを受ける責も意味もない
拷問を受け続けていたことを知ってるんだろうか。
115話で、二人が実験施設の独房の壁越しに会話を交わす時も、
滝澤は亜門が食を摂らず食べていない事を知っているが、
そんな滝澤に
「あきらめるな」
等、無責任で根拠のない根性論を、さも正義かのように
捜査官たるべき人間としては、と言う論拠を迷う事なく
口にしている…
滝澤が受けた「ただ傷の修復だけが目的の拷問」を受けているのに
比べ、強制的に人肉を食わされたとしても、それは人間として
辛い経験には違いないが、自ら望んでそうしたわけではないと言う
逃げ口を持っているからこそ、吐ける言葉じゃないだろうか。

亜門が被害者面しているとは思わないのだが、滝澤に対して
配慮が足りてないなぁ、と思うのだ。
画像

自分の意思で喰種の様に人を食わなければいい、と言う、
結局は自分ルールの信念を貫こうとする意志だけで、
スケアクロウが表れなければ「失敗作」として確実に処刑され、
諦めるも何も、反逆さえできずに殺されて終わりだったと言うのに…

亜門は、救い出されてから、滝澤の身に施されていた数々の
所業を知り、眼帯に想いを馳せる事で、滝澤を救いたい、と
心の底から思ったんじゃないだろうか。
だからこそ、それでも許されない過去として、食らった人の命、
殺した捜査官の事を挙げ、滝澤がもし自暴自棄でそうしているので
あれば、それは間違っている、まだ出来る事はある、そして
「救う」と言う言葉を口にしたんだろう。

亜門が、滝澤の心中すべてを推し量っているとは思えないし、
解っている様に聞こえるが、亜門の言う事は少しズレている。
滝澤の本当の願いは「全てチャラにして人に戻りたい」なのだから。

115話で、このズレがどうなるかが解って、胸熱。

東京喰種トーキョーグール:re 9 (ヤングジャンプコミックス)
集英社
2016-12-19
石田 スイ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京喰種トーキョーグール:re 9 (ヤングジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ヤングジャンプ 2017年 3/23 号 [雑誌]
集英社
2017-03-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヤングジャンプ 2017年 3/23 号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2017年3月15日「:re 90話」滝澤の真意 ことぶき猫玉日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる