ことぶき猫玉日記

アクセスカウンタ

zoom RSS BL本を処分したい気持ちの中で残るもの。

<<   作成日時 : 2016/11/09 13:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近、とんとBL読んでないんだが、心の中にある作品で
十分と言う気持ちがあるからだろう。
読書欲が満たされていればBLじゃなくても良かったんだ、
と言うのが私の読書傾向なんだろうな。
時と場合でジャンルが偏った風になるのは結果論であって、
読書できればなんでもいい。

梶本レイカさんとARUKUさんが忘れ得ない作家なのには
共通点がある。
結果としてBLと言うジャンルにくくられる作品を描いているが
自身の「萌え」「欲望」「恋愛」ではなく「思考」「情動」を投影している
作風であると言う所だと思う。
キャラではない人物に作者の言動も映し出されている。
作家さん本人がそれを意識しているかいないかまでは解らないが、
結果として読者である私にはそう言う風に見える。
作者自身のアイデンティティーを映し出しながらBLで描くと言うのは
物凄く難しい事だろうな、と思うし。

ゴッホが
「描かずにはいられなかった」
感じと似てる気がする、この作家さん二人は。

Penの2016年11月1日号ゴッホ特集に載っていた弟テオへの手紙。

人生には、周りの世間が取っておいてくれた
地位に押し込まれるよりは、たとえ、
それがどんなにきついものであろうと、
一撃を受けた方がいいという瞬間があると思う。(1883年)


自分を知る為に必要なんだろう。
ゴッホに場合は「画家になる」と決めた事がそれに当たるのだろう。
多くの人が一撃に負けて世間の波に埋もれてしまうと言うのに。

若い時に絵を描いていた私にはゴッホの絵は通り過ぎるものだった。
解らなかった。
今、この時、なんて綺麗な色を使っているんだろうか、と思うし、
ゴッホの画風は「絵を描くのが好きだ!」と描かずにいられない
漫画家に影響与えまくってると思う。
馬鈴薯を食べる人たち(食卓についた5人の農民)とか。
:reの5巻扉絵で瓜江がゴッホの肖像画(暗色のフェルト帽を被った自画像)を
模写してるし。
画像


何度目か分からんが『画家と音楽家』を読み返した。
作中、ギランが愚痴る言葉、ゾゾがそれでも描きたいんだ、
と言う気持ちはARUKUさんそのものなんじゃないかと思う。
この作品には明確な濡れ場などはない、だけど人の持つ
情動が溢れており、この作品を描いたARUKUさんを心から尊敬する。

身を削って描いている感じがするのが梶本レイカさん。
心を削って描いている感じがするのがARUKUさん。
全く同じではないが、お二人とも自分の正直に向き合っている
人じゃないかな、と思う。

そして、お二人とも、勝手に抱いている恐れなのだが、
いつか描く事に絶望して、筆を置いてしまいそうな予感がしてしまう
作家さんとして、私の中での共通項がある。
実際、梶本さんは「絶筆」宣言されてしまったが、復帰と言う事で
絶望を乗り越えた人は更に手強くなるぞ、と言うワクワク感が
止まらないが。

画家と音楽家 (ビーボーイコミックス)
リブレ出版
2011-01-08
ARUKU

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 画家と音楽家 (ビーボーイコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



コオリオニ(上) (BABYコミックス)
ふゅーじょんぷろだくと
2016-02-24
梶本レイカ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コオリオニ(上) (BABYコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



コオリオニ(下) (BABYコミックス)
ふゅーじょんぷろだくと
2016-02-24
梶本レイカ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コオリオニ(下) (BABYコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Pen(ペン) 2016年 11/1号 [ゴッホ、君は誰?]
CCCメディアハウス
2016-10-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Pen(ペン) 2016年 11/1号 [ゴッホ、君は誰?] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
BL本を処分したい気持ちの中で残るもの。 ことぶき猫玉日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる