ことぶき猫玉日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年10月15日:re 96話

<<   作成日時 : 2016/10/14 17:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

完全ネタバレ。

今週発売のYJ 46号 :re 96話。
無印時代の面々が集結して来て、滾る展開。

瓜江が六月の異常性に気付き始めている。
7巻のおまけ漫画(しりとりシリーズ)を読む限り、六月が
女と判った時点で恋する男子の庇護欲なのか、なんなのか、
心の中で身を案じる事しか出来ない純情少年の片鱗を
見せていた瓜江。
恋に目がくらみ、好きな子の言動を全く疑わない、
恋と言うフィルター越しにしか見れない初心な男の子の面が
ぐわっと出てたので心配してたが、大丈夫だ、冷静だ。
トルソーの異様な姿の遺体も、それが「異様である」と
ちゃんと認識してたようだ。
それにしても瓜江ってDT臭が拭えないんだよなぁ(笑)

誰がやったにしろ、あそこまで損壊させるのはおかしい、
と合理的に判断出来ていたわけだ。
手放しで六月寄りの思考に凝り固まるのではなく、
あくまでも捜査官としての冷静な判断力を辛うじて保っている。
一縷の望みと言うか、瓜江、恋バカじゃなかったと
安堵の気持ちが湧いて来る。

六月がトルソーの囚われた
→穂木が証言している
→トルソーの所業は既にCCGで把握している
→その当の本人であるトルソーがその名の由来通りの有り様で
 殺害されている
→囚われていた六月が反撃したのであろうと考えるのが妥当
→が、あそこまでやる必要性と能力が六月にはあるのか?

篠原が喰種をバラバラに切り刻んでいた什造に
「人としてどうよ」
と言っていた言葉を思い出さざるを得ない。

95話見る限り、胸当て用のプロテクターを着けているが
明らかに六月の肉体描写に女性らしさを加味させている。
瓜江が「女」と気付いた後、それを周りに言ったとは考えにくい。
瓜江なら、男の振りをしているのにはなんかしらの理由があると
考えるだろうから、自分から言いまわったりはしないだろう。
才子は六月が女子だと知っているのだろうか。
既に気付いていた可能性はあるが。
96話では、体を斜めにした描き方の時に、明らかに女性の
バストを描く線で六月の体は描かれている。

亜門が滝澤に十字架を託した。
者を託した者が死ぬ法則はあるかもしれん。
有馬がハイセに貰ったネクタイピンをカネキくんの託した様に。
有馬からカネキくんへ、亜門から滝澤へ。
有馬にとってのカネキくんは、亜門にとっての滝澤と言う描き方では
ないだろうか。

十字架にどんな意味があるか、滝澤にその全てが解っているとは
思えない。
CCG時代に「亜門さん、その♰いつも着けてますよね?何か意味が
あるんですか?」くらいは、若者の無遠慮さで聞いたかもしれない。
亜門も、ドナートの事は話さないだろうから「小さい頃に両親を失って
孤児院で育ったんだ、俺は…」くらいは話したかもしれない。

それにしても亜門、弱いと知ってても闘う、しかも「不殺」である。
亜門の立ち回りは実に泥臭い。
カネキくんが赫子を出した時のスタイリッシュさからは程遠い。
なのに、その様見てると心が震える。

96話は、個人的に地味に気に入っている人物たちがこれでもかと
集結してて、何度読んでも飽きない。

瓜江→安久低地下研究所が使えなくなったので、流島に拠点を
    移したと思われる嘉納の実験施設。
    ここに不知の遺体がある可能性も高い。

伊東→無印時代からお気に入りの糸目キャラ。
    20区戦で入見と対戦している。
    平子の辞職はまだ彼の耳には入ってないと思われる。

墓盗り(小瓶)→登場時は女子か男子か分からなくてイケメンと認識してた。
          何ゆえ、滝澤が「盗人」呼ばわりしているのか?
          捜査官からクインケを盗んでいたからでは?
          そう認識しているとしたら、墓盗りに対して滝澤は
          「捜査官からクインケを奪う狡い奴」と言う見方であり、
          つまり墓盗りに対する時は「捜査官側」の思考にあると言う事だ。
          サムライの遺体から刀を盗んで売ったりしていた盗賊が居たように。

才子→マスクを着けて喰種の振りをして情報を得る作戦時、自分が
     話した喰種たちを「いい人っぽかった」と表現しており、
     彼女の中には喰種に対する差別的な意識は低いと思われる。
     自分を助けた「黒いローブの大男」が亜門であると気付いている筈。
     いつ、その男が目の前の亜門だと主張するんだろうか。
     亜門に向けて赫子を出すだろうか。

六月の赫子を身に受けて意識を失っているアキラが眠れる森の美女的で
非常に愛おしい気持ちになる。
亜門の仲間とは?
ニシキを突き動かす使命感の源は?
来週も『東京喰種』と言う楽しみの為に生きていける。

ヤングジャンプ 2016年 10/27 号 [雑誌]
集英社
2016-10-13

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヤングジャンプ 2016年 10/27 号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『東京喰種』にハマった自分に対する考察:2016年10月15日:re 96話 ことぶき猫玉日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる